• HOME
  • ドイツ
  • 知っていれば話も弾む!ドイツでオススメのデイリーワイン&季節限定ワインベスト6

知っていれば話も弾む!ドイツでオススメのデイリーワイン&季節限定ワインベスト6

ワインを飲むドイツ人の女性達
ドイツ

Question
私はいま、とてもワインにはまっています。
最近では、リースリングという白ワインが飲みやすくて、好きです。
リースリングはドイツが有名だと聞いたので、ドイツへ旅行がてら、呑みに行きたいなと思っています。
そこで、ドイツのリースリング、またはオススメのデイリーワインなどを教えてください!
srosut さん 三重県 30代 OL

教えて、先生!

先生先生
そのご質問に、ドイツ在住ライターのアオキがお答えします。
皆さんは、ドイツのお酒と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

恋する乙女恋する乙女
ドイツと言えば、ビールがとっても有名ですよね!!

王子様王子
そうですね!
しかし、ドイツにはビールにも負けず劣らない程、おいしいワインがたっくさんあるんデース!

恋する乙女恋する乙女
なんと!!
安いものだと、2ユーロ前後(240円)。
デイリーワインは5~10ユーロ前後(600~1200円)で楽しめちゃうんですね!

王子様王子
また、ドイツのスーパーでは陳列棚一面にワインコーナーを設けてあるほど、身近な存在でもアリマース!
ちなみに、ドイツのワインはこんなカンジ!

  • 生産の6割が白ワイン(リースリング)
  • 日本でも楽しめるドイツワインがある
  • 現地でしか飲めない、発酵途中のワインがある

この記事は【5分】でササ―ッと読めマース

先生先生
今回は、そんなドイツワインについてご紹介していきます!

第6位:ドイツのワインと言えば!

リースリングワイン

ドイツのワインは、生産の約6割を、白ワインが占めています

また、繊細でフルーティーかつ、ミネラル豊富で、豊かな酸味が特徴的。

そのワイン産地は、南部のライン川や、その支流沿いに多くあります。

主要品種は、なんといってもリースリング

涼しい気候のドイツでは、リースリングの栽培に適しているよう。

その為か、ドイツワイン=リースリングと言われるほど、有名なんです。

生産量

ドイツワインといえば、甘口が主流

しかし、生産量は辛口ワインの方が、上回っています

食事に合わせる点から、中辛や辛口のワインが、多く流通しているのでしょう。

第5位:ドイツワインオススメ生産地

ラインガウ

上記でも述べたように、ドイツワインといえばリースリング

その中でも、ドイツ国内屈指のリースリング産地と言えば…

考えるまでもなく、ラインガウとモーゼルです!

それでは、二つの産地の特徴を見ていきましょう。

ラインガウ

「ラインガウ(RHEINGAU)」

こちらは、ライン川流域に広がる、ドイツのリースリング産地。

栽培品種の、ほぼ9割がリースリングなんです!

その他は、シュペトーブルグンダーや、ミユーラートゥルガウなどで占めています。

辛口や、中辛の白ワインが多く生産されている事でも、知られていますね。

アーモンドや、柑橘系の香りが多く、すっきり上品な酸味が特徴です。

モーゼル

笑顔で乾杯をする女性

ドイツ国内で、最も古いワイン産地「モーゼル(MOSEL)」

栽培品種は主に、リースリングです。

その他は、ミュラー・トゥルガウ、エルプリングなどがあります。

リンゴやはちみつの香りで、フルーティーかつまろやかな酸味が、特徴的です。

第4位:日本でも楽しめるドイツワイン

ワインを飲む女性

日本のワインショップでも、手に入る有名なドイツワイン。

それが、「シュヴァルツ・カッツ(Sckwarze Katz)」という、リースリングの白ワインです。

ドイツ語でシュヴァルツは「黒」、カッツは「猫」という意味があります。

黒猫が偶然乗った、ワイン樽のワインが、とっても美味しかった事から、その名が付けられました♡

パッケージには、黒猫がデザインされており、とってもキュート!

フルーティーで、すっきりとした酸味が特徴的なこのワイン。

日本でも手ごろな値段で手に入りやすいので、オススメな一品です!

黒猫の村

お互いの腰に腕を回し歩くカップル

実はこのワイン、輸出がメインなので、ドイツ国内のスーパーでは、ほとんど目にしません

産地は、モーゼル川沿いの、「ツェル(Zell)」という村です。

私は一度、ワインを買いに、現地へ訪れたことがあります。

村の入り口には、ワインを片手にファンキーな格好をした、巨大な黒猫の像があり、とても印象的!

小さい村ですが、ワインショップが立ち並びレストランもいくつかありました。

川沿いでブドウ畑を眺めながら、呑むワインは、最高に気持ち良かったです!

ついつい買っちゃう

ワインのパッケージにも、黒猫をあしらったデザインが、種類豊富にあります

なのでつい、パッケージ買いしてしまう、一本でもあるのです。

第3位:現地でしか楽しめない発酵途中のワイン

絶景と白ワイン

毎年、秋になると出回る「フェダ-ヴァイサー(Federweißer)」という、ワインがあります。

正確に言うと発酵途中のものなので、まだ完全なワインにはなっていません

ぶどうジュースから、ワインになる一歩手前の品。

微炭酸で甘みがあり、飲みやすくとても美味しいんです。

アルコール度数は、4%から発酵が進むにつれ、徐々に高くなっていきます

ワイン祭り

その季節になると、各地でワイン祭りが開催されます。

そこでは、各ワイナリーの、フェダ-ヴァイサーを楽しむことが出来ますし、市場やスーパーでも売り出されます。

フェダ-ヴァイサーは、発酵途中で炭酸が作られ続けているため、蓋を完全に閉めることができません。

ワインボトルに入れて、売られていますが、蓋は軽く乗せてあるだけ。

なので、持ち運びには注意が必要です!

現地でしか味わえない味

また、発酵途中という事は、「現地でしか味わえない一品」という意味でもあります。

秋のワインシーズンにドイツへ行かれる方は、是非味わってみてはいかがでしょう!

第2位:冬定番!ホットワイン

ホットワイン

ドイツの冬は暗く、寒さが厳しい季節。

しかし、クリスマスシーズンになると、各地ではクリスマスマーケットが開催され、街も賑わいます。

そんなクリスマスマーケットの、定番の飲み物といえば、「グリュ-ワイン(Glühwein)」

赤ワインに、シナモンやクローブなどの、スパイスを利かせたホットワインです。

これを飲めば、冷えた体が芯から温まり、ホッと一息つく事が出来ます。

オリジナルマグカップ

「赤ワインが苦手」という方もご心配なく!

売られているのは、赤ワインだけではありません。

白ワインのグリューワインや、子供用のノンアルコールもあります。

他にも、各マーケットには、オリジナルのグリューワイン用マグカップもあります。

その為、それぞれのデザインを比べ見たり、集めたりするのも、楽しみの一つなんです。

第1位:変わり種のフランクフルト名物

カゴに入ったたくさんのリンゴ

フランクフルトの名物に、「アップルワイン(Apfelwein)」というものがあります。

リンゴ果汁を、酵母とともに発酵させて作られた、リンゴのワインの事です。

爽やかな酸味で甘すぎず、アルコール度数も6%前後と、ワインより低いのも特徴の一つ

なので、グラスに並々と注いで、食事と一緒に飲まれています。

自分好みのアップルワイン

レストランでは、陶器でできた、専用のポットとグラスに入れて、出されることが多いです。

また、人によっては、「苦い」とか「薬っぽい」という、感想を持たれることもあります。

しかし、メーカーによっては、透明のものから濁りがあるもの。

更には、甘未の強いものなど、味も様々!

なので、自分好みのアップルワインを、見つけてみるのも楽しみの一つ

さっぱりと呑めて、癖になる味わいなので、日本へのお土産にもオススメ!

さいごに

白ワインで乾杯しているドイツ人

ドイツといえば、どうしても「ビール」ばかり飲んでいるイメージですよね。

しかし、街中のレストランに行くと、スーツを着たサラリーマンが、ランチでワインを飲んでいたり。

ホームパーティーでは、ワインを手土産にしたり。

と、ドイツでもワインは、日常生活で飲むのが、当たり前の存在なんです。

安くて美味しいワインが、たくさんあるのも魅力的!

ドイツにお越しの際は、様々なワインを試してみてはいかがでしょう?

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

4テーマに厳選した出会えるアプリ

お気に入りのアプリは見つかりましたでしょうか?

他にも、とっておきのオススメアプリはあるのですが、長くなりそうなため、別のページにまとめております。

そちらの記事では、色々な目線で厳選したオススメアプリをご紹介しております。

ぜひ、そちらの記事もご覧くださいね!

\ 続きの記事はコチラ /

その他の厳選アプリをみる

関連記事一覧