ドイツで愛されているグルメ ベスト6

Brezel ブレーツェル
ドイツ

Question
最近、ドイツのグルメにとても興味を持っているんです。
特に、地元の人が良く食べるようなグルメが知りたいです。
R.M さん 三重県 30代 OL

教えて、先生!

先生先生
そのご質問に、ドイツ在住ライターのミヤウチがお答えします。
皆さんは、ドイツ人に愛されているドイツグルメを知っていますか?

恋する乙女恋する乙女
ドイツと言えば、ソーセージにビールが定番かしら…?

王子様王子
実はそれだけがドイツグルメじゃないんデスヨ!

恋する乙女恋する乙女
な、なんですって⁉
隠れたグルメがまだあるの⁉

王子様王子
……別に隠れているわけではないのですガ(笑)
ちなみに、ドイツの地元民が大好きなグルメはこんなカンジ!

  • フランクフルタークランツ
  • ライベクーヘン
  • ブレーツェル

この記事は【5分】でササ―ッと読めマース

先生先生
今回は、ドイツの地元民が愛するグルメをご紹介します!

6位: フランクフルタークランツ(Frankfurterkranz)

そのカロリーの高さから、私が心の中で“悪魔の食べ物”と呼んでいるケーキです。

訳すると、「フランクフルトの花輪」という意味。

ホールサイズだとリング状(大きなドーナツのようなイメージ)なのです。

まず、焼きあがった生地に、バタークリームをたっぷり塗りたくります。

クリームは、スライスしたスポンジの中にも塗り込まれています。

その上から、クルミのトッピングがかかっています。

クルミは小さく砕いてあり、白く砂糖の粉をまとっている感じ。

(溶けた砂糖の中にナッツを入れ、グルグルかき回すと砂糖が冷えてこうなる)

ハイカロリーだけど、中毒的にハマッてしまうそんなお味なのです。

日本のドイツ系洋菓子店で買うことも出来るようですが、やはり本場のやり過ぎなくらいのどっしり感が私は好きなのです。

5位: ヴァイスブルスト/白ソーセージ(Weißwurst)

私が住んでいたミュンヘンの名物です。

白いソーセージと言うと、パセリなどの香草入りのも白いのですが、こちらは変わっています。

まず、焼くのではなく、茹でて食べるのです。

レストランでは、陶器製の器の中に、お湯と一緒にプカプカしています。

次に独特なのは、皮を剥いて食べるということです。

ちなみに、皮は一緒に食べても問題はありませんが、普通は剥くものです。

そして、ほわっと柔らかい中身に甘いマスタードを付けて食べるのです。

甘いマスタードというのは想像が付きませんが、白ソーセージには欠かせないものなのです。

普通のマスタードを付けてみたこともありますが、不思議と甘いのでないと合わないのです

4位: モーンシュニッテ/けしの実ケーキ(Mohnschnitte)

ドイツのパン屋さんでは、天板に生地を流して焼いたのか、平べったくて四角いケーキを買うことが出来ます。

デコレーションケーキのような華やかさはないのだけれど、飾りっ気のなさがこれまたドイツっぽい。

そんなケーキの中で特に好きだったのが“モーンシュニッテ”というけしの実をたっぷり使ったケーキです。

日本でけしの実と言うと、あんパンにちょこんと載っているくらいですが、ケーキではどーっさり使っています。

ゴマに似たような、こっくりした風味とコクがたまらない一品です。

日本で偶然、けしの実を使ったケーキのレシピに出合いました。

知らなかったけれど、けしの実(日本ではポピーシードという名前で売られている)って高いんですね。

レシピでは黒い実を使うのですが、とても分量分は買えず…。

泣く泣く、比較的安い白いけしの実で代用しました。

3位: ライベクーヘン/ポテトパンケーキ(Reibekuchen)

Kartoffelpuffer(カルトッフェル・プッファー)とも呼ばれる、ジャガイモをパンケーキ型に焼いた食べ物です。

初めて食べたのは、クリスマスマーケットの屋台でした。

パンケーキと言うよりは、お好み焼きに近いのではというのが個人的な感想です。

千切りにしたジャガイモを多めの油で揚げ焼きにし、リンゴのピューレ(Apfelmus:アプフェルムス)と一緒にいただきます。

ピューレ付きも美味しいのだけど、私はシンプルに塩味が好き。

屋台で頼むときも「ピューレなしで」とお願いすると抜いてくれます。

「え、要らないの?」と、ちょっと訝しげな顔はされますが…。

ちょっと油っこい感じもありますが、それがまた癖になってしまいます。てっきり屋台グルメだと思っていたのですが、レストランでも食べられるようです。

2位: シュニッツェル/子牛のカツレツ(Schnitzel)

今やザ・ドイツ料理のひとつであり、日本人にも比較的食べやすい料理ではないかと思います。

子牛の肉を薄く叩いて、トンカツのように衣を付けて、バターなどで揚げ焼きにします。

本来は牛肉ですが、ドイツでは豚肉を使ったSchweineschnitzel(シュヴァイネ・シュニッツェル:ブタのシュニッツェル)もメジャーです。

他に鶏や七面鳥も使うようです。

日本のトンカツより薄いものの、何せ表面積がすごい。

大体がお皿からはみ出んばかりの大きさです。

そこに付け合わせとして大量のポテト、あるいは茹でたジャガイモ等が乗っかっています。

大きさが大きさなので、ドイツ暮らしで鍛えた胃袋を以てしても、敵わないこともありました。

何せ、肉と芋という最強の組み合わせですから。(サラダの時もありますが、いずれにしても大量です)

ただ、どっぷりの油で揚げていない分、意外にあっさりと食べられるとは思います。

バージョン違いで、これにキノコたっぷりのクリームソースをかけた“猟師風シュニッツェル”というのもあります。

大食いに自信のある方は、ぜひお試しあれ!

1位: ブレーツェル(Brezel)

ドイツの国民食と言っても過言はない、ユニークな形をしたパンです。

最近は日本でも“プレッツェル”という名で売られている、あれです。

個人的には、プレッツェルという言葉には何だか軟弱そうなイメージがあります。

野太い声で「ブレーツェル!」と言う方が、何となくドイツをイメージ出来て好きなのです。

ブレーツェルには岩塩のつぶつぶがまぶされており、そのまま食べると大変しょっぱい。

「食べる前に塩の粒を落とすのが食べ方」と学生時代に聞き、嘘だろと思っていたら本当でした。

払った後の方が、ちょうどよい塩気になるのです。

じゃあ、もっと少なくまぶせばいいのに…と思ってしまうのは私だけでしょうか。

間にバター(またはハーブバター)を挟んだ、バターブレーツェル(Butterbrezel)というものもあります。こちらもおすすめです。

番外編:おばあちゃんのお団子スープ

「ドイツの美味しいものって何だっけ?」と考えた時、ふと頭に浮かんだメニューです。

留学生の時、友人らと隣町の老夫婦を訪ねたことがありました。

彼らは大学で教わっていた教授のご両親でした。

ご夫婦は、初対面の私たちにもとても気さくに接してくれました。

「お昼の用意を手伝ってもらおうかしら」と言われ、みんなで支度をしました。

その日のランチは、ハムの入ったマカロニグラタンと、温かいスープ。

教授のお母さん特製のスープは、お団子の入ったコンソメスープです。

お団子は、小麦粉とバターを練り合わせ、そこに卵を加えるという簡単なものでした。

ちなみに、伝統的なドイツ料理に、パンやジャガイモを使って作る「クヌーデル」というお団子があります。

クヌーデルはゴツくてしっかりとした食感で、サイズは小さめの野球ボールくらい。

対してスープのお団子は、日本のものと同じくらいでした。

口に入れるとほろほろと崩れて、バターの香りが広がります。

心も体も温まる、忘れられない優しい家庭料理の味です。

さいごに

異国の料理でネックになるのは、量の多さと独特の味付け(風味付け)ではないでしょうか。

今回は、そういう取っ付きにくさが少ないものを集めてみました。

最後に紹介したシュニッツェルは、量はありますが、味付けはシンプルで美味しくいただけると思います。

ドイツに行ったら、ボリュームたっぷりの料理を食べるのも、いい思い出になると思います。

でも何気ない日常の中にも、ドイツならではのグルメが隠れているのです。

そして観光向けでないそれらは、ドイツをより身近に感じさせてくれるかもしれませんね。

 

さあ、世界で恋をしよう!

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の相手」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

「運命の相手」に出会う方法?

ですが、運命の相手には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな相手をどうやったら見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を果たしたE.STのライター達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあります。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の相手に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際にステキなお相手と出会い、幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

ここまで読んでくださったあなただけに特別に編集部イチオシのアプリをご紹介いたします。

運命の相手探しならmatch(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 年齢層は20代~40代が中心
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 結婚に対する価値観や嗜好が似ている人を探しやすい
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • matchで出会い、1年以内に結婚をしたカップルは44%
  • 公務員や税理士などの収入が安定している人も探しやすい
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 1日に50組以上のカップル誕生 /

まずは無料会員で試してみる

関連記事一覧