• HOME
  • ドイツ
  • 実体験!ドイツ人男性と付き合うまでに苦労した事ベスト3

実体験!ドイツ人男性と付き合うまでに苦労した事ベスト3

ドイツの国旗
ドイツ

今や日本でも、国際交流が進んでいる時代。

外国人の男性と、お付き合いをしている方。

もしくは、お付き合いをしたことがある方も、多いのではないでしょうか?

誰かとお付き合いをするのは、とてもエネルギーがいる事です。

それが、国際カップルともなれば、環境や文化の違いも、でて来るでしょう。

今回は、その中でも、私がお付き合いをしている、ドイツ人男性について。

お付き合いを始める際に、苦労したことを、ご紹介していきたいと思います。

3位:コミュニケーション

驚く女性

出会って、一番最初に訪れる苦労。

それは、コミュニケーションです。

私の場合、彼と出会った時点で、4年半ドイツに在住していました。

しかし、付き合うまでのデートや、お互いの話をする時によく勘違いしていたり、されていたり。

「話がかみ合わない」なんてことが、多々ありました。

メールのやり取りでも、彼が伝えたい事を理解できているのか不安でした。

そこで、翻訳機にかけてみますが、「ますます分からなくなる」なんてことも、よくあったんです

少しづづ歩み寄る

本を読む男性

付き合いが深くなるにつれて、お互いの意見や考えも言うようになります。

なので、フィーリングや、ノリだけでは、真剣交際に発展するのは難しいです。

しかし、一緒に過ごす時間が増えていけば、私のドイツ語を、理解してくれるようになりました。

さらに、私も彼が伝えたい事はちゃんと、理解できるようになりました

今は、彼も少しづつ、日本語を勉強しています。

お互いを、本当に大切に思っていれば、少しづづ歩み寄れるもの。

しかし、面倒くさがりなドイツ人男性の場合は、少し難しい所もあるかもしれません。

2位:デートらしいデートをしない

リモコンのボタンを押す男性

皆さんが、男性と付き合う前にするデートと言えば、なんでしょう?

食事に出かけたり、休日に少し遠出をしたり。

思い出になりそうな場所に、出かけたりすると思います。

私が、ドイツ人の彼と付き合う前にしたデートは、ほとんどがお家デートでした。

出会ってから2回程、クリスマスマーケットや、食事に行ったりもしました。

他には、天気がいい日に、近所の森をお散歩したり。

しかしそれ以降は、彼のお家で、一緒に映画を観ることがほとんど。

不安になる

両手で顔を隠す女性

最初は、家で会う事がほとんどで、いきなり連絡してこなくなったりする彼の態度から。

「私の事は遊びなんだな」「周りには知られたくない存在なんだな」

と疑ってしまい、私の方から彼と距離を置いたことも、あったほどです。

しかしきちんと話をした所、お互いに映画が好きという事もあり、「映画を観て時間を過ごすことが好きだった」

また、私が家で過ごすのが好きだから、「どこか誘うよりも、家でゆっくりしている方が良いんだな」

と思っていたようです。

日常生活を楽しむ

基本的に、ドイツ人の多くは、非日常的なデートよりも、日常的なデートを一緒に楽しむ傾向にあるよう。

ドイツ人と、デートする予定がある皆さん。

お家デートばかりするからと言って、私の事は遊びなんだと、勘違いしないよう。

また、暴走して、私のように、距離を置くなんて事はしないように、アドバイスいたします(笑)

1位:付き合っているのか分からない

家で会話をする男女

「欧米では、告白という習慣はなく、気づいたら付き合っている。」

というような話を、耳にしたことがある方も、多いのではないでしょうか?

これは事実です。

私も未だに、彼といつから付き合い始めたのか、はっきり分かっていません(笑)

私の場合は、気づいたら彼氏の友達や、ご両親に彼女と紹介されていました

そしてその流れで、「付き合っている」ということが、判明したのです。

確かに、「一緒にいることが増えたな」とは、思っていました。

しかし、「付き合ってるよね?」と確認したこともありませんでした。

なので、私達の関係が友達なのか、恋人なのか、分からなかったのです

基本的に告白はしない

男性の背中に頭を寄せる女性

私達に限らず、基本的にドイツ人は、大人の男女が交際する時に、告白はしないそう

なので私達のように、どちらかが、友達や家族に、彼氏、彼女と紹介する事で、交際していることを自覚するパターン。

あるいは、どちらかが、「私達って付き合ってる?」と確認したり。

付き合えるかどうかを、話し合って交際が始まる、というのが主流のようです。

その為、デートを半年くらいしているけど、付き合ってるのか分からない

そんな人も、多くいるのです。

交際相手は真剣に

デート中のカップル

日本人の私からすれば、当時は「遊ばれてるのかな?」

と感じてしまいましたが、彼の場合、交際相手は慎重に選ぶ人だったようです。

日本でも遊びの関係や、真剣交際というような、言葉を聞きます。

が、ドイツ人の彼と付き合うまでの過程を得て、私が感じた事。

それは、「遊ばれていたのか、真剣に付き合っていたのかは、結果論でしかないのでは?」ということです。

デートしただけ

第一印象で気になって、デートを重ねてみたけど、なんか違った

そう思えば、二人はまだデートをしていただけで、付き合ってはいません

なので、堅苦しく別れ話をする必要も、ないですよね。

そのせいで、連絡をとる機会が減ってしまったとしたら。

どちらか一方は、遊ばれたと感じてしまうのかもしれません

2人でいることが自然になる

しかし、デートを重ねていくことで。

2人でいることが自然で、居心地がいいと感じれば、一緒にいる時間は、必然と増えるでしょう

それが当たり前になれば、自然に交際している、という結果に辿り着くのだと思います。

私は結果的に、彼とは付き合うことになりました。

けれど、もしもうまくいっていなかったら、遊ばれたと嘆いていたかもしれません(笑)

さいごに

男性の顔を見上げる女性

日本人の私達からすれば、常識だと思っていること。

それがパートナーの国では、重要視されていない事も、多々あります。

そんな中で、どちらかが我慢していれば、最初はうまくいくかもしれません。

しかし、我慢にも限界というものがあります。

国際カップルは、お互いの国の文化を理解できるよう、歩み寄ることで、成り立つ交際だと私は思います

そして、これは経験談からですが、そのうちお互いの考え方が、真っ向から違うことさえも、面白く感じてくるものです

最近、外国人男性から、デートのお誘いがあったという方や、デートを重ねているという方。

外国人男性との交際に、興味があると言う方に、是非参考にしてもらえばと思います。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

ドイツチーム

ドイツ在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、ドイツの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧