• HOME
  • フランス
  • フランス人彼氏と付き合ってます~モン・シェリー・フランセ~

フランス人彼氏と付き合ってます~モン・シェリー・フランセ~

見つめ合うカップル
フランス

ボンジュール、皆さん!

フランス在住ライターの林(ハヤシ)です。

今回は、フランス人の彼と私の、リアルな恋愛エピソードをご紹介します。

「私の彼は、フランス人なんです」

こう書くと、ローズの香りがあたり一面にただってきそう。

ロマンティックで、あまーい蜂蜜のような生活。

そんな、毎日を送っているように、思われがちです。

でも…それは、あくまでもイメージです(笑)

中には、そういう方も、いるのかもしれません。

リアルすぎて、夢を壊すかもしれませんが。

私とフランス人との、恋の経験をご紹介したいと思います。

シェリー(愛しい人)について

座って話すカップル

彼のことを、話します。

悪い人ではないんです。

でも、私の場合は、文化の違いや彼の個性に、驚きや疑問を持つ事が多い毎日です。

とてもクセのある人と、感じています。

モン・シェリー・フランセ(私のフランス人の愛しいひと)。

そんな風に、呼んだことはありませんが、長年一緒にいる彼。

これから話すことは、「フランス人皆がこうだ」、ということではありません。

あくまで、「彼はこういう人」という視点で、読んでもらえたら、嬉しいです。

身長はおよそ190cm

身長は、190cm。

高身長なことに、興味がないらしい彼。

健康診断の結果にも、興味なし。

それに比べ私は、日本人女性の平均身長を、10cmほど下回ります。

しかも、毎年、数mmの増減に一喜一憂。

190cmの身長は、羨ましい限りなのですが…。

歯に衣着せぬ

そんな、デコボコの私たち。

あるとき、街中を歩いていると、彼が男性にぶつかってしまいました。

ぶつかった男性は、少し驚いた様子でした。

でも、ケガはなく、彼の謝罪を聞き、去っていきました。

「気を付けてね」と私が言うと。

彼は、「だってみんな僕より小さいから見えなかったよ」と、心ない一言。

ハッキリものを言う性格の彼。

でも、それが時に誰かを傷つけることも、あると学んで欲しいものです。

愛の目であるブルーアイズをお持ち

青い目の男性

忘れ草のような、ブルーアイズを持っているシェリー。

そこは、自分でも自慢に思っているよう。

ある日、嬉しそうにこんな話をしてくれました。

青い目は愛の目、緑の目はヘビの目、茶色い目は、ブタの目って言葉があってね

意気揚々と語り出す彼。

無言の私。

私の目の色は…

生粋の日本人である私の目は、もちろん茶色。

ただ、昔話をしたかったのか、自慢したかったのか。

あのとき、なぜか私は言葉を、飲み込んでしまいました。

付き合いはじめで、彼に対して少し、遠慮していたのかもしれません。

あれから10年。

遠慮という言葉はもう忘れました。

今ここであの時の言葉を言いたい。

「で、それが何?」

薄いのではない、短いのである

テーブルから頭頂部を出す男性

男性ホルモンが強いのか。

フランスの水道水が原因で、毛根が滅してしまったのか。

フランス人男性は、頭髪の薄い人が多いんです

例外ではなく、同様に彼もこのタイプ。

もう何年も、髪型はセルフスキンヘッドです。

私の髪の毛は…

それに引きかえ、爆発的な毛量の私

毎晩、ドライヤーを片手に、針金のような髪と格闘しています。

そんな、頭髪でさえも真逆を行く、私たち。

ある日、そんな私の髪の毛を見ながら、彼が一言。

君は髪が長くて大変だね。でも僕は短いからすぐ乾くよ」。

私の聞き間違えか、彼が寝ボケていたのか。

私の髪と、彼の何を比べた発言だったのか。

真偽のほどは、闇の中です。

しかし私もいい大人。

これ以上の言及は、控えようと思います。

やや狭い心の持ち主

ハートを貫く矢印の看板

彼はフランス語、英語、日本語が話せます。

仕事では、主に英語を使っているようですが、日本語力も十分です。

でも、日本にいるときに「日本語上手ですね」と、言われるのが嫌いらしいんです。

必ずと言っていいほど、「あなたも上手ですね」と返します。

よくわからないジョークを、若干イライラしながら返す彼。

私は内心、適当にやりすごせばいいじゃん。

と、毎回、隣にいて思うんです。

もう少し大人になってほしいものです。

さいごに

男性の手を引く女性

いかがでしたでしょうか?

私の気持ちとしては、半分も話きれていないのですが…。

少しでも、興味を持っていただけたら、嬉しいです。

今となっては、彼の心ない言葉に、遠慮なしに言い返す私。

でも、付き合い始めは、柱のように大きな彼の後ろに、いつもすっぽり隠れていました。

そんな私も、今では彼の右ななめ後ろを、歩くことができます。

いずれは彼の隣へ。

そして、いつの日にか、彼の前をブイブイ言いながら、走り出す時が来るのかもしれません。

慣れてしまった…

始めは驚いていた、彼の言動にも、今では慣れました。

うん、いつも通り!」とか、「やっぱりねー、言うと思った!」。

なんて、生意気にも思うようになりました。

一緒にいる時間が、長くなればなるほど、「普通は…」という考えが、なくなっていったのです。

私たちには、私たちの収まりの良いところを探す。

ということが、ベストなのかなと感じています。

最後まで、読んでくれた方には、感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだある、私とシェリーの日常エピソード。

またいつか、どこかでご紹介できればと思います。

フランスチーム

フランス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、フランスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧