• HOME
  • イギリス
  • 【国際結婚物語】武道の習い事から始まった外国人との恋!イギリス人男性との結婚生活

【国際結婚物語】武道の習い事から始まった外国人との恋!イギリス人男性との結婚生活

武道の恋
イギリス

イギリス在住ライターの白石(しらいし)がお届けします。

私は、イギリス人の夫に2人の息子と北関東の田舎で暮らしているアラフォーの主婦です。

私は、外国人であるイギリス人男性と出会い、結婚しました。

今回は、イギリス人の義両親との関係から、子育てや結婚生活の実際の体験談をお届けしたいと思います。

出会いは合気道

「ステキな外国人と出会いたい!白人と付き合いたい!結婚したい!」

密かに、こんな思いを抱いている女性は、意外と多いのではないでしょうか?

国際結婚への憧れ

カップル 情熱

私も中学生の頃から洋画にハマり、外国人男性との結婚に淡い憧れを抱いていたひとりです。

日本人男性との出会いに恵まれず、現実逃避気味だったということもありますが。

そうは言っても外国人とお近づきになるには、いったいどうしたらいいのか。

日本国内で会えないかばかり考え、更には実際に行動しなかったため、全然出会いはありませんでした。

出会いは武道

合気道

しかし、その時は、ふいに訪れました。

私の場合は、なんと習い事でした。

私は、学生の頃から合気道を習っています。

ある時、若かった私は北関東の有名な先生の道場へと東海地方から向かったのです。

有名な先生だけあって、世界各国から弟子が集まってきていました。

私は、住み込みの弟子として1週間お世話になったのですが、弟子10人ほどのなか、私は唯一の日本人であり女性でありました。

多国籍の男性が沢山

アメリカ、イタリア、オーストラリアなど多国籍の弟子に混じり、イギリス人である「彼」がいたのです。

彼の紳士的で穏やかで、優しいところ、それにステキな笑顔にイチコロでした。

ちなみに、外国人との出会いを期待する女性には、ここはポイントです。

和の習い事、特に武道系は外国人に大人気なのです。

イギリス人の「付き合う」はヘン?

友達として仲良くなるも、完全に私の片思いで帰りました。

それはそれは、あの時ああしたら良かったとか、後悔の時間が続きました。

彼からの連絡!

スマホを見る女性

ですが、なんと!

しばらくしてから私のメールアドレスに、なんとイギリス人の彼から連絡がきたのです・・・!

その日からほぼ毎日チャットで話しました。

そうした努力も実り、彼も私に好意を持ってくれているような雰囲気になりました。

そして、ついに、その年の夏、私は夫の住むイギリスへと飛びました。

イギリスには2週間滞在することになりました。

そして、夫の実家にお世話になったり、彼の友人に会ったり、ロンドンへ観光に出かけたり。

それはそれは幸せな時を過ごしたのでした。

なんだか様子がヘン

悲しむ女性

帰国後も相変わらずチャットを続け、今度は彼が来日することになりました。

待ちに待った再会でしたが、何だか様子がヘンなのです。

前ほどイチャイチャしてこない。

いや、むしろ距離がある?

たまりかねた私は、思い切って聞いてみました。

「私たちってどんな関係なの?」

帰ってきた言葉は、たった一言「君のことは大事だよ」でした。

ここでようやく理解したのです。

デーティング期間

手をつなぐカップル

私としては、もうとっくに付き合っていると思っていたのですが、どうやらそれは私の勘違いだったらしいのです。

「好き」とは言ってくれていたのですが、確かに「ガールフレンド」だと言われたことはない・・・!

イギリス人は、日本人と違い「好き」ではあっても、「交際=リレーションシップ」の前に、「デーティング」という期間があるのです。

友達以上恋人未満の期間。

「私達付き合ってなかったんだ・・・」

私はこれについては知らなかったので、驚き、そして、とても落ち込みました。

ついに・・・!交際!

プール 男女 カップル 驚くそして、こんな関係が続くこと、半年。

いつまでこんな関係を続けるのだろう。

そんな事を思っていた矢先、ついにその時が訪れました。

「友達に君がガールフレンドだって教えたけどいいかな?」

・・・!

ついに、私たちが「リレーションシップ(交際)」の関係になった瞬間です。

(私達付き合ってたんだ!いつの間に!?)

こんな感じで、イギリス人とのお付き合いは、ふとした瞬間に始まります。

ビックリすると同時に嬉しかったです。

さらに吉報

さらに嬉しいことに、夫が日本に住むことになったのです。

そして、夫のアパートに移り住み、同棲生活が始まることになりました。

4年間の同棲生活での危機!

楽しい同棲生活でしたが期間が長くなるにつれ、頭をよぎる疑問。

「いつ結婚するんだろう?」

結婚の素振りも見せない夫に私はやきもきしていました。

元々は「4年日本で暮らしたら2人でイギリスに戻ろう」と話していたんですね。

ところが、彼が日本で安定した職に就いてしまったこともあり、このまま日本に住むことになってしまったのです。

ずっと「イギリスに一緒に帰る=結婚」だと思っていた私。

帰らないと言い出した夫に、私はいろいろと焚きつけるようになりました。

「結婚はどうするの?」

「32歳までぐらいには、子どもが欲しいんだけど!」

別れ

雨 悲しむ 女性ある日夫が涙を流しながら、こう言ったのです。

「もう無理だ!このままじゃいられない」

彼はさらに続けてこう言いました。

「他に好きな人ができた」

そう言われました。

私はとてもショックで立ち直れないくらい落ち込みました。

そんな状態では付き合っていられるはずもなく私たちは別れました

でも、意を決して実家を出た私は実家に帰ることができず、そのまま同居し続けるという奇妙な関係が続くことになりました。

自分磨き

自信のある女性

私は、友達にも慰めてもらいつつも何日も泣きました。

諦めきれないこの気持ちをどうしようか。

考えに考えぬいた結果、「自分磨き」を決意しました。

相手の気持ちは変えられない。

なら私がもっと素敵な女性になろうと。

尽くすタイプだった私は、自分のことはおざなりになっていたので、やりたかったことに挑戦しました。

ヨガを習ってみたり服装を研究してみたり。

夫のことは片思いだと割り切って自分に集中して、自分磨きを続けました。

再スタート

寝そべるカップル

そんなある日、夫の両親の来日するとのこと。

そのとき、彼からいきなり言われたのです。

「もう一度やり直したい」

返事は、焦らしつつも「OK」!

別れて1年。

私たちが再スタートした瞬間でした。

ちなみに夫が好きになった女性は、その頃の同僚でした。

これは日本人女性あるあるなのですが、「感じがよく、いつも褒めてくれるので脈有りだと思った。私と別れた直後に告白したら、まったくの勘違いで玉砕。」とのこと。

そのことで、彼女にすっかり冷めてしまったそうです。

まさかのプロポーズ

結婚する男女

その翌年、いきなり彼が言い出しました。

「一軒家を建てたい」

ところが永住権のない外国人はローンが組めず、家を建てることができないことが分かりました。

「それなら結婚だ」

結婚すれば、永住権を手に入れることが出来ます。

なんと、家のローンの話から、結婚することになったのです。

そのため、プロポーズも無いままに結婚のリサーチを2人で始めました。

怒り!

しかし、婚姻届を出す日の朝、なんだか頭にきた私

「せめてプロポーズして!」

「・・・分かったよ」

と彼。

「Would you marry me ?」

その場で夫が膝まづきプロポーズしてくれたのです。

場所は、アパートのトイレ前の廊下でした。

でも、とても幸せでした。

いろいろと面倒くさい国際結婚の手続き

4年間の同棲の後、危機も乗り越えて私たちは結婚しました。

異議がある人?

イギリス人との結婚は、当たり前ですが「国際結婚」となります。

この「国際結婚」の手続きも意外と大変です。

イギリス人と日本人が結婚する場合、イギリス大使館に行く必要があります。

私たちは東京にある大使館に行きました。

大使館の事務所内に「誰それが結婚する予定だけど、異議はありませんか?」という張り紙を1ヶ月近く張り出され、誰からも異議がなければ許可が下ります。

いったい誰が見て異議を唱えるのか?

なんて疑問に思ったのを覚えています。

婚姻届け

結婚

許可が下りたら、いよいよ近くの役場に行って婚姻届を提出します。

しかし、なにせ国際結婚に慣れていない田舎のお役所。

日本人同士ならば婚姻届を出して終わりなのに、国際結婚だと役所の人も必要な書類が分からず、手続きにずいぶんと時間がかかりました。

私の場合は、名字を私と夫の名字を合わせたダブルネームにしたため、法務局での申請もありました。

名前も変わって完全に落ち着いたのは、婚姻届を出した1ヶ月後

結婚の手続きを始めてかかった期間は、2ヶ月ほどです。

イギリスへも登録の書類を送ったので、それも合わせると相当の時間がかかりました。

戸惑った文化の違い

日本で暮らすかと思いきや、夫の関係で、長男が1歳の頃にイギリスへ行くことになりました。

夫は日本での滞在経験もありましたが、やっぱり一緒に生活していくうえで文化の違いを痛感することとなります。

バスタオルが臭い

バスタオル

イギリスは、基本的にとても乾燥しているため、バスタオルはすぐに乾いてしまいます。

そのため、夫は夏の湿気が多い時期でも、バスタオルを洗濯せずに何日も干して使っていました。

そして最終的に臭いにおいが漂ってきて、私が洗濯するわけなのです。

ちなみに、この状態は今も続いています。

食器洗い

食器

他にも、イギリス人と暮らしてみてビックリしたことは、食器洗いです。

イギリス人は、食器を洗ったとき泡をすすぎません。

洗剤を泡立てたお湯の中でジャブジャブと洗って、そのまま水切りカゴへ。

食器には泡がついたまま・・・。

夫の実家に行ったとき、私は耐えられずにこっそりと食器の泡をすすいで洗い流していました。

夫には日本の洗剤は、それじゃ危ないからと合わせてもらうことに成功。

この食器の洗い方は義両親にも説明しなければならず、馴れてもらうのには時間がかかりました。

出産するなら日本に限る!

親子 母と赤ちゃん

ずっと欲しかった赤ちゃんを授かることができ、今は2人の息子がいます。

1人目を産んだときに緊急帝王切開になってしまったため、2人目も帝王切開でした。

本当に日本で産んでよかったなと思っています。

というのも、日本では帝王切開すると出産後10日間近く入院するのですが、イギリスでは翌日には帰宅です。

普通分娩なら朝入ってお昼には帰宅

恐ろしすぎます。

退院後に具合が悪くなって再入院なんてこともあるようで、日本の出産への手厚さには感謝してもしきれません。

日本人の子育ては過保護?

イギリス人は、日本人よりも自立を大事にしており、それは子育てにも現れています。

子どもは1人で寝かせる

赤ちゃん

もうすぐ3歳になる長男は、自分の部屋で1人で寝ています。

もちろん寝かしつけはしますが、途中で起きない限り、朝までひとり。

イギリスでは、子どもは1歳になると自分の部屋のベッドでひとりで寝るのが普通だそうです。

両親のプライベートな時間を大事にしたいという意識が日本よりも強いのだと思います。

だからと言って、子どもと関わる時間がないのではなく、夫は子どもの面倒をよく見てくれています。

絵本の読み聞かせなんかは私よりも上手で、よく読んでくれとせがまれているぐらいです。

靴を脱がない

長靴と傘

また、子育てを通して感じたのは、日本人は小さい子に対して、潔癖すぎるのではないか?というところです。

聞いたことがあるかと思いますが、イギリスでは、玄関で靴を脱ぐ習慣がありません。

外履きのまま屋内で過ごすのが普通です。

なんと、そんな床の上を赤ちゃんはハイハイしているのです・・・!

いつも消毒お手拭きを持って何かあると長男の手を拭いていた私は、絨毯の上をハイハイする息子を見てはいつもヤキモキしていました。

そんなある日、親戚の男の子がなんと自転車でリビングに入って来たのです!

それを見て消毒は意味がないと諦めがついたのでした。

雨の多いイギリスではお天気の良い日だけ外遊びということではありません。

多少の雨なら子どもたちはレインコートを着て外で遊んでいたりと、イギリスの子ども達はたくましいです。

比べてみると、イギリス人よりも日本人の方が子どもに対して過保護なのかもしれませんね。

孫への愛が強い義両親

夫の両親である義両親とは、嬉しいことに結婚以前から仲良くさせてもらっていました。

一番お世話になったのは、イギリスでの挙式です。

私たち夫婦は挙式をするつもりはありませんでした。

でも義両親がどうしてもと言って式場を見つけ、私の好みを聞いてくれて素敵な結婚式を挙げてくれたのです。

そのような感じで、義両親とは結婚以前から仲は良いのですが、困ったことと言えば孫への愛が強すぎること。

孫を可愛がってくれる義両親

祖母と孫

体力の有り余る長男を連れて毎日外出させ義両親が疲れ切ってしまうことは日常茶飯事。

オモチャもこちらが困るほど買ってくれます。

また、息子2人が熱を出したことがありました。

その際、私は様子を見ようと思いました。

しかし、義母は医者に見せるようにと言い張り、「孫に何かあったら許さない!」と一発触発の危機に。

夫が仲裁に入ってくれ事なきを得ましたが、孫のことになると熱くなってしまう義母なのです。

また、義母は自称キレイ好きでお掃除大好きなのですが、一枚の雑巾とバケツでいろんなところを掃除してくるので、一体どこをどう掃除してきたのか怖くて聞けません。

こんな義両親ですが、いつも食事に連れて行ってくれたり、孫の面倒をたくさん見てくれたりと、素敵な義両親に支えられ幸せです。

さいごに

イギリス

イギリスは小さな島国で王室もあったり車も左車線だったりと、日本とよく似ています。

そのためか、ちょっとした文化の違いはありますが、夫とは仲良く暮らせています。

私が日本に帰省すると、孫の面倒を見てくれる義両親との関係もありがたいです。

目下の心配事は息子2人が日本語と英語をちゃんと習得できるかな?ということです。

2人が大きくなるに連れ、きっともっと面白いことが起きてくるのだろうなと思います。

イギリスでの生活では、ハプニングも楽しみに暮らしていきたいと思っています。

私は、イギリスで夫と子供に囲まれ幸せです。

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

結婚式 女性

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

イギリスチーム

イギリス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、イギリスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧