• HOME
  • イタリア
  • イタリア版クリスマスケーキ!「パネトーネ」の名店ベスト10

イタリア版クリスマスケーキ!「パネトーネ」の名店ベスト10

パネトーネ
イタリア

イタリア在住のスイーツ専門ライターの高橋(たかはし)がお届けします。

パネトーネとはクリスマスシーズンにイタリア人が食べるホリデースイーツのこと。

シフォンケーキのような大きなスポンジの中に、ドライフルーツやナッツ、チョコレートなどがぎっしり詰まっていてとにかく絶品スイーツです!

美味しいパネトーネを知りたい方に向けて今回は、イタリアのパネトーネの名店をランキング形式でご紹介したいと思います!

10位:これぞイタリア!「Armani/Dolci (アルマーニ・ドルチ)」

「ジョルジオ・アルマーニ氏」の手がけるブランドドルチェ

なんとイタリアではあのArmaniからも、冬になるとパネトーネがお目見えします。

Armaniは皆さんご存知、イタリアファッション界の王様「ジョルジオ・アルマーニ氏」の手がけるブランドのこと。

彼は実はイタリアではファッションだけでなく、ライフスタイル全般をプロデュースしており、手がけるアイテムは、家具・電化製品など多岐にわたっております。

衣・食・住、全てにおいて「ザ・イタリア」を示し続けるアルマーニ氏。

ドルチェ部門ももちろんファンが多く、豊かな味わいに上質のパッケージ。

どれをとっても惜しみない賞賛をするべき一品となっております。

9位:プラダを着たスイーツこと「Marchesi(マルケージ)」

PRADAとタッグを組む超有名菓子店

Princiがスターバックスならば、こちら、「Marchesi(マルケージ)」はなんとあのPRADAとタッグを組む超有名菓子店です。

1824年に創業したMarchesiは、現在PRADAの傘下に入っており、さらにイタリアのお菓子業界を爆走し続けています。

フランスの洋菓子店「ラデュレ」を彷彿とさせるパステルカラーの淡い店内や菓子類は、見ているだけでなんだかお洒落度がワンランクアップしたかのような夢見心地に。

正統派タイプのパネトーネは、包み紙や赤いリボンのロゴまでもがとにかく高貴で美しいので、食べずに飾っておきたいくらいです。

8位:あのスタバも惚れた味「Princi(プリンチ)」

ミラノマダム達の中で長年、愛されてきた超有名

Princiは、今話題騒然のミラノの人気ベーカリー。

人気の秘密は…そう!なんとこのたび、満を持してオープンした「イタリア初スターバックス」(ミラノ1号店)のベーカリー類を一手に担っているからです。

Princiはもともと絶品ベーカリーとして、ミラノマダム達の中で長年、愛されてきた超有名。

それを米スターバックスが聞きつけ、イタリア進出の際ののベーカリーをプロデュースしてほしいと頼み込んだそうです。

そんなPrinciの手がけるパネトーネはやっぱり格別。

正統派パネトーネと比較すると、若干パンのような雰囲気の重めの生地ですが、それゆえ朝・昼・晩に主食としてイケちゃうマルチプレーヤーです。

7位:男性にも人気「Motta(モッタ)」

街で気軽に変えるパネトーネ

イタリア人に「街で気軽に変えるパネトーネの中でオススメってどこ?」と聞くと「Galup」「Tre Marie」そしてだいたいの人が「Motta」を挙げます。

生地が軽めで腹持ちも良いので、食欲のない日や時間のない日の朝ご飯にミルクやカプチーノと一緒に頂いてもgood。

イタリアの有名チョコレートBaciチョコにも似た、アズーロ(青色)のパッケージが、カッコイイ一品で、男性にもファンが多いです。

6位:イタリアらしいパッケージに胸キュン「Tre Marie(トレ・マリエ)」

イタリアの老舗大衆菓子メーカー

日本語で「3人のマリア様」を意味するTre MarieもGalupと双璧を成すイタリアの老舗大衆菓子メーカーです。

ミラノ発祥のメーカーで、11月初旬頃になると、写真のように街中のスーパーに3人のマリア様が描かれたイタリアらしい上品なオレンジ色のパッケージが並びはじめます。

1箱500円前後から買えるので、ついついクリスマス当日までに、何度も食べてしまう一品

お酒の匂いが少なく、軽い食感で腹持ちも良いので、お子様のおやつにもオススメです。

5位:永遠の定番「Galup(ガルップ)」

パネトーネの永遠の定番メーカー

老舗菓子店も超高級パネトーネも気になるけれど、まずはイタリア人の庶民の味が知りたーい!という方にオススメなのがGalupです。

Galupは日本でいう不二家やコージーコーナーのような存在。

秋に街のショウウインドウにGalupのパネトーネが並び始めると「あぁ、年末だなぁ」「クリスマスだなぁ」なーんて、しみじみしてしまう。

まさにパネトーネの永遠の定番メーカーです。

お値段も味もサイズもとにかくバラエティ豊か!

箱もとっても可愛いので日本へのお土産にもぴったりです。

4位:最旬パネトーネ「Tiri(ティーリ)」

トップオブトップの名門菓子店

Tiriは「今、イタリアで最も話題の州」との呼び声も高い、南イタリアのバジリカ―タ州にある、ナンバー1老舗菓子店です。

「バジリカ―タ州ってどこ!?」という日本のみなさん!

今すぐチェックするべし!ですよ!

バジリカ―タ州は、ENIT(イタリア政府観光局)が調査した「イタリア各州のレストランを利用した外国人観光客の満足度ランキング」にて、なんと2017年に堂々の1位を獲得した州。

回答者の88パーセントが「最も美味しいものがたくさんある州」と評価しています。

その中でトップオブトップの名門菓子店の生み出す冬のスイーツは、並々ならぬ力の入りよう。

ふんわり可愛らしいドーム型のふわふわパネトーネ。

是非そのお味を食べに、バジリカ―タ州まで足をお運びください。

3位: ミラネーゼ御用達Ernst Knam(エルンスト・クーナム)

ガンベロ・ロッソにてベストパティシエ

ミラノマダムのお持たせナンバー1菓子店のErnst Knam。

こちらもガンベロ・ロッソにてベストパティシエに選ばれて以来、イタリアの食通たちを魅了し続ける人気店です。

クッキー、生菓子、ショコラ、どれをとってもほっぺたが落ちそうなほどコクのある深い味わい!

季節限定で11月頃から登場するパネトーネも、いわずもがな店に並ぶやいなや毎年飛ぶように売れております。

街のお菓子屋さんよりちょこっとだけお高め・・・ですが、2倍・3倍払ってでも食べたい、期待を裏切らない高級感満点のお味です。

2位:話題のキラ星「Mauro Morandin(マウロ・モランディン)」

この四半世紀で最も美味しいパネトーネ

イタリアのパネトーネ界に彗星のごとく現れたキラ星、Mauro Morandinのパネトーネは、イタリア通の方に是非食べて欲しい一品です。

北イタリアの小さな工房で作られる素朴なパネトーネはなんと、イタリア版ミシュランことガンベロ・ロッソ誌にて「この四半世紀で最も美味しいパネトーネ」と言わしめた一品。

ガンベロ・ロッソにここまで絶賛されるグルメは滅多にありません。

ほんのり漂うお酒の香りに、贅沢に詰め込まれたフルーツ。

丁寧に丹精込めて創られた豊かな味わいが魅力的な一品です。

1位:パネトーネ界の王者「COVA(コヴァ)」

泣く子もだまる!?

パネトーネ界の王者といえばCOVAのパネトーネです。

COVAのパネトーネは「パネトーネってイマイチどんな食べ物かわかんない!」という方に、是非食べてもらいたい一品。

というのもCOVAは日本でいう虎屋・文明堂のようなイタリアきっての超老舗の菓子店だからです王道中の王道レシピでつくられるトラディッショなパネトーネは、包み紙を開けた瞬間から感動必至

今まで嗅いだことのないような高貴な甘い香りに、輝くドライフルーツとふわふわ生地!大興奮間違いなしでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

味で選ぶも良し。

パケ買いするも良し。

クリスマス前に食べるも良し。(もちろん後にも・・・!)

是非、今年はイタリア流クリスマススイーツで、ホリデーシーズンを楽しんでみてはいかがでしょうか!

ボン・ナターレ!(素敵なクリスマスを!)

E.ST(エスト)は世界専門のWEBマガジン

E.ST(エスト)は、世界各地の「専門知識」を持った「海外在住ライター」が、世界中の「モノ」「コト」を紹介するWEBマガジンです。
トップへ戻る

運命の人に出会う方法

スマホを見る女性

運命の人と出会う意外な方法とは?

人間ならば、運命の人と出会いたいと思うのは当たり前です。

しかし、運命の人には、簡単に出会えないのもの…。

日本人だけをターゲットにしていると、運命の人には、一生出会えないかもしれません。

そこで、私たちE.STでは、日本人だけではなく、「ヨーロッパやアメリカ人」をターゲットに入れるようアドバイスしています。

せっかく、大きな地球に生まれてきた私たち。

小さい日本だけを見て、将来のお相手を決めてしまうのは、とても「もったいない事」と言えます!

でも、一般的にシャイと言われている日本人。

街にくりだして、お好みの外国人に声をかけるのは厳しい…。

しかし、ご安心ください。

実は、国際結婚を実現した先輩ライターさん達は、アプリで出会った方がとても多いというデータがあります。

海外ではアプリで出会うのが当たり前

日本でマッチングアプリというと、不純なイメージもあるかもしれません。

しかし、ヨーロッパなどの外国では、もっとライトなイメージを持っており、アプリで出会うことは当たり前の事として受け入れられています。

そのため、外国人の登録者数はとても多く、アプリで出会える確率はより高いと言えます。

外に出なくても、道端で声をかけなくても、憧れの外国人と出会うことが出来るので、他の手段に比べて苦痛は大幅に軽減できます。

それでは、実際に私達が数か月間利用し検証したオススメアプリをご紹介いたします。

もちろん、日本人との出会いも豊富なアプリばかりなので、全方位から恋人を探すことをオススメします!

英語を「話せる」「話せない」かでオススメアプリは変わってきますので、分けてご紹介させていただきます。

英語が出来れば、さらに出会いの幅は広がりますが、英語が出来なくても日本国内で十分に出会うことは簡単です。

 英語が出来ない人におすすめのアプリ

日本在住の外国人がターゲット

こちらで紹介するアプリを使うと、主に日本在住の外国人と知り合う事になります。

なぜなら、日本語ができる海外在住の外国人は非常に稀なため、日本語が出来る日本在住の外国人しか登録はしません。

しかし、安心してください。

日本在住の外国人は、私たちの想像以上におります。

どうしても海外在住の外国人に出会いたいという方は、「英語が出来る人におすすめのアプリ」もご覧くださいね。(英語が出来なくても、ある程度は問題ないかと思います。)

それでは、実際に利用し、外国人と出会えたアプリをご紹介していきたいと思います。

1位:pairs(ペアーズ)

pairsペアーズ

国内最大規模である約700万人が利用しているアプリ。

日本で人気のアプリのため、日本人が非常に多い印象です。

また、海外ではあまり浸透していないため、日本在住の外国人を主に探すこととなります。

日本在住の外国人には、知名度が高いため、外国人は一定数表示されます。

しかし、やはり下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、(当たり前ですが)外国人の登録者は少なくなってしまいます。

細かい検索が可能

「居住地:東京 出身地:フランス」のような条件を絞り込んで、相手を探すことができます。

出身地の項目には、100以上の国を指定できますので、ターゲットをより絞り込んで、お好みの男性を探すことが可能です。

また「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されているため、そちらでも手っ取り早く探すことができるのもポイントが高いです。

外国人男性と出会いやすい環境が整っていますが、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べ、外国人登録者が少ないため2位とさせていただきました。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

2位:match(マッチ)

matchマッチ

この「match(マッチ)」は、日本でも有名なアプリですね。

1995年にスタートした恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在で、海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用するアプリです。

探しやすい

matchには、「人種検索」というものがあり、ヨーロッパ系男性を探しやすくできています。

「ラテン系/ヒスパニック系」「白人/コーカサス系」などで人種検索できます。

人種を絞った後に、好みに合ったルックスや特徴で探せるのがポイントが高いです。

デメリット

日本在住の外国人がメインになってきますので、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、外国人の登録者は少なくなってしまいます。

また、無料でも十分楽しめますが、機能に制限があります。

そのため、メッセージが来ても見れないものもあり、有料会員になろうか迷うことはあるかと思います。

有料会員は、1759円/月~となります。

気に入らなかったらアプリを削除すればよいので、有料登録は考えずに、とりあえず気軽に無料で始めてみるのが良いかと思います。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

 英語が出来る人におすすめのアプリ

英語が出来る方は、日本在住の外国人以外にも、ヨーロッパなどの海外在住の外国人と出会う事も出来ます。

ちなみに、英語ができない方でも「グーグル翻訳」等を使いながら、男性とやり取りすることで会話を成り立たせることが出来ます。

あちらの男性も、頑張ってあなたの英語を理解しようと努力してくれますので、意外とやり取りは出来てしまいます(笑)

英語を学びつつ、海外在住の外国人男性と知り合うことが出来ますので、実は、1度で2度おいしい方法とも言えます。

1位:Badoo

badoo

世界中に3億9400万人(※7月現在)の会員がおり、秒単位で刻々と増え続けています。

その規模は190カ国、40言語以上をサポート、ただ今世界各国で急成長中のアプリです。

ヨーロッパ系外国人がとても多い

Badooの拠点はロンドンにあるためか、ヨーロッパ系外国人男性の登録も多く、出会いも比較的多いということができます。

実際に登録してみると、とにかくヨーロッパ系外国人が多く、待っているだけでも毎日のように沢山のメッセージが届きます。

現在地を変えることが出来るため

「日本」にすれば日本在住のヨーロッパ系外国人から

「フランス」にすれば、フランス在住のフランス人から

「イタリア」にすればイタリア在住のイタリア人から

と、あなたのターゲットに合った幅広い出会いがあります。

実は、私は登録するまで存在すら知らなかったアプリだったのですが、実際にヨーロッパ系の外国人男性とすぐに知り合うことが出来たので、おすすめアプリとしてご紹介させていただきます。

ネットで悪い評判?

また、問題点としては、グーグルで「Badoo」と調べると上位に悪い評判が出てきます。

その主な理由は、このような項目です。

  1. 「Facebookに投稿される」
  2. 「サクラがいる」

「Badooを使っているとFacebookに投稿される」という批判については、正直よく分かりませんでした。

実際に使っても勝手にFacebookに投稿されたことは1度もありません

もし心配な場合は、Facebookではなく、「メールアドレスで会員登録」すればfacebookと紐づけはされないため、不安を取り除くことが出来ます。

サクラといった部分についても、今のところ使っていてサクラの存在を感じたことはありません。

世界中に3億9400万人以上の会員がいますので、サクラを雇う必要は無いように私は思います。

悪いサイトでないか確認が必要

そういった批判が記載されているサイトを見てみると、Badooを異常に下げて、別の出会い系サイトに誘導しているサイトが多いのに気づくかと思います。

日本でBadooの知名度が低いのを利用し、Badooをこき下ろし踏み台として利用しているのです。

そのようなサイトは、業者からお金を貰って誘導している場合が多いため注意が必要です。

世界中で大人気のアプリ

Badooは、日本ではあまり知名度はありませんが、世界でも最上位に入る大人気のマッチングアプリです。

下の記事を読んでいただければ、このアプリのスゴさ分かるかと思います(別サイトに飛びます)

参考記事世界各国別に人気がある出会い系アプリまとめ(gigzine)

ちなみに、日本人は日本発のマッチングアプリを好むため、海外製アプリはあまり日本では普及しないのだそうです。

しかし、日本発のアプリは、外国人の登録は少なく、サクラが多いものもあるため注意が必要です。

海外製アプリは日本人登録者が少ないため、知人や同僚などにバレずに使うことが出来るのも良いですね。

実際にこのアプリで結婚

実際にこちらのアプリで、ヨーロッパ人男性の恋人ができ、結婚まで至ったライターさんもおります。

そのため、オススメアプリとさせていただきます。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

2位:LOVOO(ラーブー)

LOVOO

LOVOO(ラーブー)は、ドイツやイタリア、フランス、スペインなどヨーロッパで圧倒的な人気を誇るアプリです。

こちらはドイツ発のアプリのため、ヨーロッパ系外国人の登録者が多いのは納得です。

ヨーロッパでは「Tinder」「Badoo」「Lovoo」の3つで競い合っているような状況と言えます。

内容としましては、現在地に近い相手を探していくアプリとなります。

そのため、日本在住のヨーロッパ系外国人男性がメインターゲットになってくると思いますが、日本語で会話できる場合が多いため、そちらも安心だと言えます。

デメリット

日本語に非対応で英語で操作を行うことになります。

しかし、設計的に分かりやすいため、英語が分からなくても何となく直感で操作はできるかと思います。

出会いを増やすテクニック

また、テクニックとしましては、プロフィール欄にヨーロッパの外国人男性と出会いを求めている旨を書くと、外国人からの連絡が来やすくなります。

そして、英語に自信がない方は、ヨーロッパ在住の外国人からの連絡には、Google翻訳を使いましょう。

ネイティブからすると、カタコトの外国語に感じる事でしょう。

しかし、相手からすると、カタコトの言葉が逆にカワイく受け止められることも多く、意外と普通に連絡が取れることに驚くはずです。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

3位:Tinder(ティンダー)

tinderティンダー

世界で「Badoo」と人気を二分するアプリ「Tinder(ティンダー)」

外国人の登録者数が多い

もともと海外生まれのアプリなだけに、ヨーロッパ系外国人の登録は多いです。

そのため、日本国内の多くの外国人が利用していますし、ヨーロッパ各地でも現地外国人が多数登録しています。

累計マッチ数は200億件ともいわれ、Tinderは世界のどのアプリよりも出会いを提供していると言うことができます。

マッチングアプリの中では珍しく「メッセージ送信を無料」で行えるのも嬉しいポイントです。

絞り込みが出来ない

しかし、相手を探す際に「国籍」「出身地」などの絞り込みができません。

そのため、日本人が頻繁に表示され、探すのに一苦労。

外国人の数だけなら間違いなくトップクラスなのですが、正直探しづらいのが難点と言え、3位となります。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

まとめ

上記アプリを使えば日本でも間違いなく外国人男性と出会うことが出来ます。

もちろんアメリカ系やカナダ系などの外国人も探せますが、今回はヨーロッパ系の外国人の登録が多いアプリにこだわり掲載させていただきました。

そのため、見たこともないアプリもあったかと思います。

個人的には、アメリカ系アプリはお金儲けに走りすぎてあまり好きではありません^^;

アプリの問題点

しかし、現在地から近くの男性を探すアプリも多いため、日本で利用すると日本在住の外国人との出会いが多くなってしまうかと思います。

もちろん、それでも、間違いなく幸せになることが出来ます。

しかし、中には、ヨーロッパ在住の現地外国人と仲良くなりたい方もいる事でしょう。

その場合は、海外に行く+アプリの合わせ技です。

その場合のアプリは、現地で人気の「Tinder」「Badoo」「Lovoo」を使いましょう。

私達「日本女性」という生まれながらの「魅力」を使うことで、現地のヨーロッパ系人男性から毎日のように求愛されることは間違いありません。

日本人女性は、ヨーロッパでモテます!

たった一度の人生。

決して「理想」を諦めてはいけませんよ! byヨーロッパ系外国人と結婚した先輩ライターより

 総合評価

良い点 ・外に出なくても相手が探せる
・自分から声をかける必要がない
悪い点 ・遊び相手を探している外国人もいる(見極め大事)
・日本在住のヨーロッパ人にしか会えない
評価 ★★★★☆

イタリアチーム

イタリア在住の各専門分野に特化した日本人ライターが、イタリアの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧