イタリアのイケメン歌手ベスト10

歌手
イタリア

イタリア在住ライターの千葉(ちば)がお届けします。

「カンターレ」という言葉をご存知でしょうか?

これは「歌う」という意味のイタリア語です。

イタリア人は歌を歌うのが大好き!

街角でも美しい声を響かせるイケメンイタリア人をあちこちで見かけます。

ましてや歌手といえば超一流の歌声をお持ちです!

そこで今回は、イタリアのイケメン歌手ベスト10をご紹介したいと思います。

10位:Cesare Cremonini(チェザーレ・クレモニーニ)

Cesare Cremoniniは1980年ボローニャ生まれの若きシンガーです。

お父様がお医者さん、お母様が大学教授というインテリ一家で育った彼は、丹精な顔立ちから溢れ出る上品さがとにかくノーブルで魅力的です。

元々はLùnapop(ルナポップ)というグループの一員だったのですが、2002年に解散し、ソロへ。

王道のポップスはクセがなく、聴きやすいものばかりです。歌詞もストレートなものが多いので、正統派の音楽を好む方にもとっつきやすいハズ。

まずはピアノとのハーモニーが美しい「Vieni a Vedere Perchè(ヴィエニ・ア・ヴェデーレ・ペルケ)」から聴いてみてください!

9位:Ligabue (リガブーエ)

Ligabueは1960年コッレッジョエミリア=ロマーニャ州生まれの大御所シンガー。

2015年には日本へも初来日しました。

ファンの間では「リーガ」と呼ばれ愛されるLigabue。

20万人近く動員する野外ライブを成功させたり、コンサートの様子が映画化されて大ヒットしたりと、とにかく音楽史に数々の歴史を残し続けるレジェンドです。

オススメの1曲は「Made in Italy(メイド・イン・イタリー)」。

明るく軽快な曲調もさることながら、歌詞を聴いていると思わずイタリアに行きたくなってしまう点もオススメの理由です。

8位:Fabri Fibra(ファブリ・フィブラ)

Fabri Fibraは1976年マルケ州生まれのラッパーです。

本名はFabrizio Tarducci(ファブリツィオ・タルドゥッチ)。

元々はUomini di Mareというグループで活動していましたが、その後ソロデビューし、今ではイタリアのラップ界をけん引する存在となりました。

イタリアではもともと「ラップ」というジャンルはあまり聴く人がいませんでしたが、その定説を打ち破った立役者の一人こそが彼です。

まずはヒット曲「Stavo Pensando A Te(スターボ・ペンサンド・ア・テ)」から聴いてみてください。

新しいイタリア音楽の一面を垣間見られることでしょう。

7位:Fedez(フェデズ)

Fedezは1989年ミラノ出身のラッパーです。

本名は「Federico Leonardo Lucia(フェデリコ・レオナルド・ルチア)」。

彼のことはファッショニスタの方ならご存知かもしれませんね。

そう、彼の奥様はなんとあの、世界一有名なインスタグラマーの、キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)です!

最近はキアラがあまりに有名になってしまったため、イタリア以外の国では「フェデズ=キアラの旦那様」扱いされてしまうことが多いようです。

しかし、彼はキアラと交際する前からイタリアでは超実力派のラッパーとして有名なんです。

手掛ける楽曲はポップミュージックの要素もあるので、ラップが苦手な方にも聴きやすいハズ。

まずは大ヒット曲の「Vorrei ma non posto(ヴォレイ・マ・ノン・ポスト)」からチェックしてみてください。

「何をしたいけど、その場所がない」といった意味の歌。

一緒に歌うカッコイイおじさまJ-AX(ジェイ・アックス)もまた、イタリアでは超有名な大御所ラッパーです。

6位:Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)

Andrea Bocelliは1958年トスカーナ生まれのテノール歌手です。

彼の歌声はおそらくほとんどの日本人が聞いたことがあるハズ。

というのも、もはや彼は世界的スターと言っても過言ではないからです。

2006年にトリノ冬季五輪の開会式で美声を披露したこと有名。

またサラ・ブライトマンとのデュエット曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(伊: Con Te Partirò )」は世界で1500万枚以上のセールスを記録しました。

12歳の時に起こった事故がきっかけで失明したものの、障害を微塵にも感じさせない圧倒的オーラと、親しみやすくユーモラスなキャラクター、温かな人柄はイタリア人を現在でも魅力し続けています。

イタリア史に残る伝説の歌声です。

オススメは人気歌手エド・シーランとコラボした「Perfect(パーフェクト)」で、いつまでも聴いていたい名曲です。

5位:Tiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ)

Tiziano Ferroは1980年ラツィオ生まれのポップシンガーです。

身長180センチオーバーの日本人好みのイケメンは、笑うと出来る目じりのシワがたまらなくセクシーでヤミツキ必至!

歌声も聴けば聴くほどヤミツキ必至間違いなしです。

音域が広く、高音がとても綺麗なのが特徴です。

まずは「Lo Stadio(ロ・スタディオ)」から聴いてみてください!

この曲はイタリアではサッカーの応援ソングとしてもおなじみで、元気の出る曲調がなんとも耳に心地良い!

PVでは彼の様々なファッションも見ることが出来るので、必見です。

4位:Eros Ramazzotti(エロス・ラマゾッティ)

Eros Ramazzottiは1963年ローマ生まれのシンガーソングライターです。

彼はイタリアでは数少ない、世界を舞台に活躍する超有名人。

80年代後半にデビューし、イタリア・スペインで人気を博した後、90年代にはヨーロッパ大陸を越え、アメリカ・ニューヨークにも進出しました。

そこでは、あのエルトン・ジョンやジミー・ペイジ、シェリル・クロウらとの共演も実現。

今でもコンサートの為世界中を飛び回っています。

是非聴いて欲しい1曲は「Non Siamo Soli(ノン・シアモ・ソーリ)」。

この曲は「Livin’ La Vida Loca(リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ)」で大ヒットしたプエルトリコ人歌手のリッキー・マーティンとのコラボ曲で、2人のセクシーな魅力と軽快なリズムがたまりません!

「俺たちは一人じゃない」という意味のメッセージにも元気が出ます。

3位:Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッシ)

Vasco Rossiは1952年エミリア=ロマーニャ州出身の大御所中の大御所シンガーです。

65歳を過ぎても、まだまだその色気とエネルギーは、とどまるところを知りません。

ちょうど日本でいう矢沢栄吉さんや長渕剛さんのような存在で、もはや彼の生きざまの全てを崇拝しているファンも少なくありません。

驚くべきことに、現在でもコンサートをやれば往年のファンのみならず、10代20代の若者も必死にチケット入手に奔走する人気っぷり。

イタリアの誇る魂のロックを是非一度聴いてみてください。

2位:Nek(ネック)

Nekは1972年エミリア=ロマーニャ州生まれのベテラン歌手です。

本名はフィリッポ・ネヴィアーニ (Filippo Neviani) 。

「イタリアのイケメン歌手と言えば誰!?」と街頭インタビューしたら、おそらく3人に1人は彼の名前を挙げるであろうイケメン中のイケメンです。

透き通ったコバルトブルーの瞳は、吸い込まれそうなほどビューティフル。

そして、歌声もずば抜けてビューティフルです。

美しい曲の数々は枚挙に暇がありませんが、イチオシは「Fatti avanti amore(ファッティ・アヴァンティ・アモーレ)」。

サビで「ファッティァヴァンティァモーレ!(愛を前進させろ!)」とカメラ目線でシャウトするPVは、心拍数急上昇間違いなし!

動画サイトなどで、今スグチェックしてみてください。

1位:Il volo(イル・ヴォーロ)

Il voloはイタリア人男性オペラ歌手グループです。

彼らの曲は、フィギュアスケーターの羽生結弦選手が、エキシビションで使用し話題となったため、聴いたことのある方も多いのではないでしょうか?

ジャンルカ・ジノーブレ(Gianluca Ginoble・アブルッツォ出身)、ピエロ・バローネ(Piero Barone・シチリア出身)、イニャツィオ・ボスケット(Ignazio Boschetto・ボローニャ出身)の3人が織りなす高貴な歌声は、秋の夜長にワインを片手にゆっくり聴きたいものばかり。

日本でヒットした「Notte Stellata(ノッテ・ステラータ)」も名曲ですが、個人的に一押しなのは「Grande amore(グランデ・アモーレ)」です。

直訳は「偉大な愛」という意味のイタリア語で、恋い焦がれる心情を表現した名曲です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今ではCDショップに行かなくとも、インターネットで簡単に楽曲をゲットすることの出来るイタリアンミュージック。

実は、日本のイタリア料理店などで、かかっていることも多いのです。

是非、リラックスタイムのおともにお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

運命の人に出会う方法

スマホを見る女性

運命の人と出会う意外な方法とは?

人間ならば、運命の人と出会いたいと思うのは当たり前です。

しかし、運命の人には、簡単に出会えないのもの…。

日本人だけをターゲットにしていると、運命の人には、一生出会えないかもしれません。

そこで、私たちE.STでは、日本人だけではなく、「ヨーロッパやアメリカ人」をターゲットに入れるようアドバイスしています。

せっかく、大きな地球に生まれてきた私たち。

小さい日本だけを見て、将来のお相手を決めてしまうのは、とても「もったいない事」と言えます!

でも、一般的にシャイと言われている日本人。

街にくりだして、お好みの外国人に声をかけるのは厳しい…。

しかし、ご安心ください。

実は、国際結婚を実現した先輩ライターさん達は、アプリで出会った方がとても多いというデータがあります。

海外ではアプリで出会うのが当たり前

日本でマッチングアプリというと、不純なイメージもあるかもしれません。

しかし、ヨーロッパなどの外国では、もっとライトなイメージを持っており、アプリで出会うことは当たり前の事として受け入れられています。

そのため、外国人の登録者数はとても多く、アプリで出会える確率はより高いと言えます。

外に出なくても、道端で声をかけなくても、憧れの外国人と出会うことが出来るので、他の手段に比べて苦痛は大幅に軽減できます。

それでは、実際に私達が数か月間利用し検証したオススメアプリをご紹介いたします。

もちろん、日本人との出会いも豊富なアプリばかりなので、全方位から恋人を探すことをオススメします!

英語を「話せる」「話せない」かでオススメアプリは変わってきますので、分けてご紹介させていただきます。

英語が出来れば、さらに出会いの幅は広がりますが、英語が出来なくても日本国内で十分に出会うことは簡単です。

 英語が出来ない人におすすめのアプリ

日本在住の外国人がターゲット

こちらで紹介するアプリを使うと、主に日本在住の外国人と知り合う事になります。

なぜなら、日本語ができる海外在住の外国人は非常に稀なため、日本語が出来る日本在住の外国人しか登録はしません。

しかし、安心してください。

日本在住の外国人は、私たちの想像以上におります。

どうしても海外在住の外国人に出会いたいという方は、「英語が出来る人におすすめのアプリ」もご覧くださいね。(英語が出来なくても、ある程度は問題ないかと思います。)

それでは、実際に利用し、外国人と出会えたアプリをご紹介していきたいと思います。

1位:pairs(ペアーズ)

pairsペアーズ

国内最大規模である約700万人が利用しているアプリ。

日本で人気のアプリのため、日本人が非常に多い印象です。

また、海外ではあまり浸透していないため、日本在住の外国人を主に探すこととなります。

日本在住の外国人には、知名度が高いため、外国人は一定数表示されます。

しかし、やはり下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、(当たり前ですが)外国人の登録者は少なくなってしまいます。

細かい検索が可能

「居住地:東京 出身地:フランス」のような条件を絞り込んで、相手を探すことができます。

出身地の項目には、100以上の国を指定できますので、ターゲットをより絞り込んで、お好みの男性を探すことが可能です。

また「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されているため、そちらでも手っ取り早く探すことができるのもポイントが高いです。

外国人男性と出会いやすい環境が整っていますが、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べ、外国人登録者が少ないため2位とさせていただきました。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

2位:match(マッチ)

matchマッチ

この「match(マッチ)」は、日本でも有名なアプリですね。

1995年にスタートした恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在で、海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用するアプリです。

探しやすい

matchには、「人種検索」というものがあり、ヨーロッパ系男性を探しやすくできています。

「ラテン系/ヒスパニック系」「白人/コーカサス系」などで人種検索できます。

人種を絞った後に、好みに合ったルックスや特徴で探せるのがポイントが高いです。

デメリット

日本在住の外国人がメインになってきますので、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、外国人の登録者は少なくなってしまいます。

また、無料でも十分楽しめますが、機能に制限があります。

そのため、メッセージが来ても見れないものもあり、有料会員になろうか迷うことはあるかと思います。

有料会員は、1759円/月~となります。

気に入らなかったらアプリを削除すればよいので、有料登録は考えずに、とりあえず気軽に無料で始めてみるのが良いかと思います。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

 英語が出来る人におすすめのアプリ

英語が出来る方は、日本在住の外国人以外にも、ヨーロッパなどの海外在住の外国人と出会う事も出来ます。

ちなみに、英語ができない方でも「グーグル翻訳」等を使いながら、男性とやり取りすることで会話を成り立たせることが出来ます。

あちらの男性も、頑張ってあなたの英語を理解しようと努力してくれますので、意外とやり取りは出来てしまいます(笑)

英語を学びつつ、海外在住の外国人男性と知り合うことが出来ますので、実は、1度で2度おいしい方法とも言えます。

1位:Badoo

badoo

世界中に3億9400万人(※7月現在)の会員がおり、秒単位で刻々と増え続けています。

その規模は190カ国、40言語以上をサポート、ただ今世界各国で急成長中のアプリです。

ヨーロッパ系外国人がとても多い

Badooの拠点はロンドンにあるためか、ヨーロッパ系外国人男性の登録も多く、出会いも比較的多いということができます。

実際に登録してみると、とにかくヨーロッパ系外国人が多く、待っているだけでも毎日のように沢山のメッセージが届きます。

現在地を変えることが出来るため

「日本」にすれば日本在住のヨーロッパ系外国人から

「フランス」にすれば、フランス在住のフランス人から

「イタリア」にすればイタリア在住のイタリア人から

と、あなたのターゲットに合った幅広い出会いがあります。

実は、私は登録するまで存在すら知らなかったアプリだったのですが、実際にヨーロッパ系の外国人男性とすぐに知り合うことが出来たので、おすすめアプリとしてご紹介させていただきます。

ネットで悪い評判?

また、問題点としては、グーグルで「Badoo」と調べると上位に悪い評判が出てきます。

その主な理由は、このような項目です。

  1. 「Facebookに投稿される」
  2. 「サクラがいる」

「Badooを使っているとFacebookに投稿される」という批判については、正直よく分かりませんでした。

実際に使っても勝手にFacebookに投稿されたことは1度もありません

もし心配な場合は、Facebookではなく、「メールアドレスで会員登録」すればfacebookと紐づけはされないため、不安を取り除くことが出来ます。

サクラといった部分についても、今のところ使っていてサクラの存在を感じたことはありません。

世界中に3億9400万人以上の会員がいますので、サクラを雇う必要は無いように私は思います。

悪いサイトでないか確認が必要

そういった批判が記載されているサイトを見てみると、Badooを異常に下げて、別の出会い系サイトに誘導しているサイトが多いのに気づくかと思います。

日本でBadooの知名度が低いのを利用し、Badooをこき下ろし踏み台として利用しているのです。

そのようなサイトは、業者からお金を貰って誘導している場合が多いため注意が必要です。

世界中で大人気のアプリ

Badooは、日本ではあまり知名度はありませんが、世界でも最上位に入る大人気のマッチングアプリです。

下の記事を読んでいただければ、このアプリのスゴさ分かるかと思います(別サイトに飛びます)

参考記事世界各国別に人気がある出会い系アプリまとめ(gigzine)

ちなみに、日本人は日本発のマッチングアプリを好むため、海外製アプリはあまり日本では普及しないのだそうです。

しかし、日本発のアプリは、外国人の登録は少なく、サクラが多いものもあるため注意が必要です。

海外製アプリは日本人登録者が少ないため、知人や同僚などにバレずに使うことが出来るのも良いですね。

実際にこのアプリで結婚

実際にこちらのアプリで、ヨーロッパ人男性の恋人ができ、結婚まで至ったライターさんもおります。

そのため、オススメアプリとさせていただきます。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

2位:LOVOO(ラーブー)

LOVOO

LOVOO(ラーブー)は、ドイツやイタリア、フランス、スペインなどヨーロッパで圧倒的な人気を誇るアプリです。

こちらはドイツ発のアプリのため、ヨーロッパ系外国人の登録者が多いのは納得です。

ヨーロッパでは「Tinder」「Badoo」「Lovoo」の3つで競い合っているような状況と言えます。

内容としましては、現在地に近い相手を探していくアプリとなります。

そのため、日本在住のヨーロッパ系外国人男性がメインターゲットになってくると思いますが、日本語で会話できる場合が多いため、そちらも安心だと言えます。

デメリット

日本語に非対応で英語で操作を行うことになります。

しかし、設計的に分かりやすいため、英語が分からなくても何となく直感で操作はできるかと思います。

出会いを増やすテクニック

また、テクニックとしましては、プロフィール欄にヨーロッパの外国人男性と出会いを求めている旨を書くと、外国人からの連絡が来やすくなります。

そして、英語に自信がない方は、ヨーロッパ在住の外国人からの連絡には、Google翻訳を使いましょう。

ネイティブからすると、カタコトの外国語に感じる事でしょう。

しかし、相手からすると、カタコトの言葉が逆にカワイく受け止められることも多く、意外と普通に連絡が取れることに驚くはずです。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

3位:Tinder(ティンダー)

tinderティンダー

世界で「Badoo」と人気を二分するアプリ「Tinder(ティンダー)」

外国人の登録者数が多い

もともと海外生まれのアプリなだけに、ヨーロッパ系外国人の登録は多いです。

そのため、日本国内の多くの外国人が利用していますし、ヨーロッパ各地でも現地外国人が多数登録しています。

累計マッチ数は200億件ともいわれ、Tinderは世界のどのアプリよりも出会いを提供していると言うことができます。

マッチングアプリの中では珍しく「メッセージ送信を無料」で行えるのも嬉しいポイントです。

絞り込みが出来ない

しかし、相手を探す際に「国籍」「出身地」などの絞り込みができません。

そのため、日本人が頻繁に表示され、探すのに一苦労。

外国人の数だけなら間違いなくトップクラスなのですが、正直探しづらいのが難点と言え、3位となります。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

まとめ

上記アプリを使えば日本でも間違いなく外国人男性と出会うことが出来ます。

もちろんアメリカ系やカナダ系などの外国人も探せますが、今回はヨーロッパ系の外国人の登録が多いアプリにこだわり掲載させていただきました。

そのため、見たこともないアプリもあったかと思います。

個人的には、アメリカ系アプリはお金儲けに走りすぎてあまり好きではありません^^;

アプリの問題点

しかし、現在地から近くの男性を探すアプリも多いため、日本で利用すると日本在住の外国人との出会いが多くなってしまうかと思います。

もちろん、それでも、間違いなく幸せになることが出来ます。

しかし、中には、ヨーロッパ在住の現地外国人と仲良くなりたい方もいる事でしょう。

その場合は、海外に行く+アプリの合わせ技です。

その場合のアプリは、現地で人気の「Tinder」「Badoo」「Lovoo」を使いましょう。

私達「日本女性」という生まれながらの「魅力」を使うことで、現地のヨーロッパ系人男性から毎日のように求愛されることは間違いありません。

日本人女性は、ヨーロッパでモテます!

たった一度の人生。

決して「理想」を諦めてはいけませんよ! byヨーロッパ系外国人と結婚した先輩ライターより

 総合評価

良い点 ・外に出なくても相手が探せる
・自分から声をかける必要がない
悪い点 ・遊び相手を探している外国人もいる(見極め大事)
・日本在住のヨーロッパ人にしか会えない
評価 ★★★★☆

イタリアチーム

イタリア在住の各専門分野に特化した日本人ライターが、イタリアの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧