• HOME
  • アメリカ
  • フロリダ・ディズニーワールドで「絶対」乗るべきアトラクション ベスト10

フロリダ・ディズニーワールドで「絶対」乗るべきアトラクション ベスト10

ディズニーワールド
アメリカ

アメリカ在住のディズニー大好きライターの勝間(かつま)がお届けします。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートと言えば、アメリカ・フロリダ州オーランドにある世界最大のディズニー・リゾート。

ディズニーファンならずとも「一度は行ってみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか!?

しかーし!いざ行こうとすると、ディズニーワールドって日本からとっても「遠い」んです。

なんと日本からは直行便はナシ!(苦笑)

移動だけで最短でも半日以上かかるので、1週間の長期連休が取れたとしても、なかなか現地で3日以上過ごすのは難しいのが困ったところではあります…。

でも、ディズニーワールドを楽しみたいという人のために役に立つ情報をご提供できればと思っております!

そこで、今回はアメリカ滞在歴もあり、今でも年に1度はディズニーワールドに行く私が、絶対押さえておいて欲しいディズニーワールドのアトラクションをランキング形式で厳選してご紹介したいと思います。

10位:七人のこびとのマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train)

2014年にお目見えした「七人のこびとのマイントレイン」は、子供から大人まで楽しめる絶叫マシンです。

東京ディズニーランドにある「ビッグサンダー・マウンテン」と「白雪姫と七人のこびと」が合体したようなアトラクション。

トロッコに乗って鉱山を疾走!・・・かと思いきや、突然、白雪姫の世界へ迷い込んでほっこり・・・。

なーんて、なんともディズニーらしい可愛らしい演出も魅力です。

日本にはないディズニーワールドならではのトラクションなので、ミーハーな方は乗車マストです。

9位: フローズン・エバー・アフター(Frozen Ever After)

「フローズン・エバー・アフター」も日本未上陸、ディズニーワールドに2016年にお目見えしたライド型アトラクションです。

2016年以前にディズニーワールドに行ったことのある方は「元 マウルストラム(Maelstrom)のあった場所」と言った方がわかりやすいかもしれません。

ノルウェー館にあったアトラクション・マウルストラムをお色直しした新アトラクションは、東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」のように、ボートに乗って「アナと雪の女王」の世界を楽しめる可愛らしい乗り物。

一応「アナ雪の映画のその後のおはなし」というテーマがあるのですが、英語がさっぱりわからなくても心配ご無用!

おなじみのテーマソングがガンガン流れる室内で、のんびりボートに揺られれば、心の底からリラックスできること間違いなしです。

夏の暑い時期には、涼しいので特にオススメです。

8位: カリ・リバー・ラピッド(Kali River Rapids)

「カリ・リバー・ラピッド」は、いわゆるボートに乗って急流下りをするアトラクションなのですが、とにかく「びっちょびちょ」に濡れるのが魅力です(笑)

横浜・八景島シーパラダイスの「アクアライドⅡ」等、日本にも似たような乗り物はたくさんありますが、濡れ方が異常です!

ハンパじゃありません・・・!

レインコートや傘、長靴なんて全く意味をなしません。

終わったあと、 1度ホテルに戻って着替える余裕のある方や、30度以上の夏の暑い時期などに是非お試しあれ。

後先考えなければ、世界中の人達と一緒にボート乗り込み、ハラハラドキドキ楽しめて、最期はびっちょびちょになりながら笑い合える、とっておきのアトラクションです。

7位:エクスペディション・エベレスト(Expedition Everest)

個人的に、ディズニーワールドにある絶叫系アトラクションの中で最も「穴場」だと思っているのが「エクスペディション・エベレスト」です。

なぜかいつ行ってもほとんど待ち時間ナシ・・・なのに、1時間以上待ちは当たり前の他のジェットコースターと同じか、それ以上に面白いんです。

ただ怖いだけでなく、世界観もしっかり作り込まれていて、オリジナルキャラクターも可愛い!

ライド前からライド後まで楽しめる、ディズニーらしさもまた、魅力の1つです。

6位:アバター・フライト・オブ・パッセージ(Avatar Flight of Passage)

2017年にお目見えした「アバター・フライト・オブ・パッセージ」。

オフシーズンでも30分以上並ぶことはしばしばですが、それでもせっかくディズニーワールドまで来たなら是非乗ってほしいです。

内容は3Dメガネをかけて、自転車に乗ってアバターの世界に出発するというもの。

私は映画「アバター」を観たことがないのですが、それでも目の前の景色と、ライドマシンから伝わる振動に大興奮でした!!

ユニバーサルスタジオジャパンに行ったことのある人は「スパイダーマンアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」の雰囲気が近しいかもしれません。

かなり揺れるので、乗り物酔いしやすい方は、体調と相談しながらトライしてみてください。

5位:テスト・トラック(Test Track)

「テスト・トラック」は、1999年からある、ディズニーワールドの中でも古株のジェットコースターです。

・・・が、いまだにヤミツキ!何回乗ってもやめられません。

一見、普通のジェットコースターのようなのですが、パーク内を全力疾走する点がディズニーファンにはたまらないんです。

簡単に言うと、東京ディズニーランドの「ウェスタンリバー鉄道」が超高速になったような乗り物。

昼間に乗っても楽しいですし、夜景の中走行するのもまたオツ。

時間を変えて何度でもチャレンジしてみてください。

4位: ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド(Soarin' Around the World)

「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」は、ハングライダーに乗って世界を旅するライド型アトラクションです。

大型スクリーンを使った視覚効果で楽しむアトラクションはよく見かけるので「時間が余ったら乗ろうかな」なんてスルーしてしまいがちなのですが、超勿体ないです!

まさに「乗ってスゴさがわかるアトラクションNo.1」と言えるかと思います!

ハングライダーに乗って、世界に広がる大自然を見ていると、心も身体もふっと軽くなって、大冒険から帰ってきたかのような爽快感に出会えます。

3位:トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー(The Twilight Zone Tower of Terror)

自称「タワー・オブ・テラー・マニア」な私が、最も愛してやまないタワー・オブ・テラーがディズニーワールドのタワー・オブ・テラーです。

フロリダの真っ青な空の下、プロムナードに沿って歩くとヤシの木の向こうに見えてくる巨大建造物は圧巻!

そして・・・内容が世界中のどのタワー・オブ・テラーとも全く違います!

簡単に言うと、通常の「タワー・オブ・テラー」に「ホーンテット・マンション」のエッセンスが加わったような感じというヒントでしょうか。

ライド時間も長く、乗りごたえも十分で満足感が高いです。

2位: ロックン・ローラー・コースター(Rock'n' Roller Coaster Starring Aerosmith)

「ロックン・ローラー・コースター」は人気ロックバンドのエアロスミスのヒットチューンを聴きながら屋内を疾走するジェットコースター。

「エアロスミスって誰?」って方でも心の底から楽しむことが出来ます。

ディズニーワールド以外のディズニーリゾートにも本アトラクションは存在します。

しかし、場所によって内容が少しずつ異なるわけですが、私的にはディズニーワールドのこの乗り物が品質もストーリー展開もナンバーワンだと思っています。

精密に作られたジェットコースターは、横に揺れても縦に揺れても身体が痛くない!

そして、絶妙に耳のあたりから聴こえてくる心地よいエアロスミスのサウンドがたまらない!

ありそうでないジェットコースターですので、是非一度ご体感ください。

1位: キリマンジャロ・サファリ(Kilimanjaro Safaris)

「キリマンジャロ・サファリ」は、初めて乗った時は思わず感動して涙が出そうになったほどです!

そのスケールの大きさと、ディズニーワールドやアメリカの演出力の凄さに、ただただ感動させられました。

内容はサファリトラックに乗って、野に放たれた動物たちに会いに行くというものなのですが、とにかく臨場感がハンパない!

出発直後から、ここがディズニーワールドであることをすっかり忘れるほどです。

身体の不自由な方や、小さなお子様・ご高齢の方とも一緒に皆で楽しめる点もパーフェクト

旅を共にする仲間やパートナーと一緒に、たくさん写真を撮って、笑い合って、心の底からディズニーワールドの魔法を満喫出来ることは間違いありません。

さいごに

ウォルトディズニーは「ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」という名言を残しました。

私は既に10回以上ディズニーワールドへ足を運んでいますが、いまだに行くたびに新しい感動に出会います。

これを見て、1人でも多くの方が「ディズニーワールド行きたーい!」という気持ちになってくれたら嬉しいです。

是非、地球上で一番幸せな場所(The Happiest Place on Earth)を心の底から味わい尽くしてくださいね♪

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

4テーマに厳選した出会えるアプリ

お気に入りのアプリは見つかりましたでしょうか?

他にも、とっておきのオススメアプリはあるのですが、長くなりそうなため、別のページにまとめております。

そちらの記事では、色々な目線で厳選したオススメアプリをご紹介しております。

ぜひ、そちらの記事もご覧くださいね!

\ 続きの記事はコチラ /

その他の厳選アプリをみる

アメリカチーム

アメリカ在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、アメリカの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧