フランスの冷凍食品はピカール!気になる味は!?

冷凍食品
フランス

「フランスチーム」の指原(さしはら)がフランスよりお届けします。

美食の国と言われているフランス

フォアグラトリュフなどの珍味が有名ですよね。

「フランスでは冷凍食品なんて食べなそう!」

多くの方が割とこんなイメージを持っていると思いますが、もちろん庶民は、冷凍食品も食べています。

フランス料理

日本の冷凍食品は便利で、とてもおいしいですよね。

では、フランスの冷凍食品はどうでしょうか。

もしかしたら、フレンチ料理が冷凍になっているなんてことも?

今回は、日常的なフランスの食生活に焦点を合わせ、中でもあまり知られていないフランスの冷凍食品事情についてご紹介したいと思います。

フランスの冷凍食品はパスタ、ピザが定番

おしゃれなフランス料理が冷凍されてるのかな~なんて淡い期待はまず持ってはダメです。

フランスの冷凍食品の定番は?

グラタン

フランスといえども、パスタやピザは定番

ほかにはリゾットラザニアなど、ヨーロッパぽいラインアップが揃っています。

また、日本ではあまり見かけないポテトをマッシュした小さいボール状のものを揚げたポテトボールや、ビーフとポテトをミックスしたジャガイモの加工品が多くスーパーには置いてあります。

日本のように1食分ずつ小分けになっているものは少なく、大きめの袋や箱にパックされているのがほとんど。

もちろん、おにぎりやチャーハン、お弁当に入れられるミニサイズのお総菜などは一切ありません。

味はマズイ

また、はっきり言うと、フランスのスーパーに売っている冷凍食品の味はイマイチです。

フランスと比べてみると、日本の冷凍食品はかなりおいしく、しかも使いやすいと感じます。

お弁当文化のおかげなのか、日本では日常生活に非常に密着したものになっています。

しかし、フランスでは、日常生活に密着したものとは言えないということが、レベルが低い原因かとおもいます。

アイスは溶けていることが多い

アイスクリーム

アイス

夏も冬も食べたくなるアイスクリーム。

そんなアイスはフランスでは、どんな感じでしょうか。

率直に言うと、冷蔵庫の温度管理が悪いのか、棒のついたアイスや個袋に入ったアイスは溶けていることが本当に多いです。

日本でアイスを食べるときはちゃんと凍っていて、固すぎることもよくありますが、フランスのアイスは袋から出すときに、溶けていて棒だけが抜けてしまうということが何度もありました。

初めは家に帰るまでに溶けてしまったのかと思っていたのですが、買ってすぐに袋を開けても溶けていたので時間は関係ないようです(笑)

そのため、溶けていないアイスが食べたいのなら、ジェラートショップに行くのをおすすめします。

近場にスーパーしかない!という場合はボックスに入ったタイプのものにしましょう。

ただ、ファミリーパックという感じで量が多く、一人で食べきるにはちょっと大変です。

マカロンが豊富

マカロン

また、アイス以外の甘い冷凍食品と言えばマカロン

マカロン以外にもフォンダンショコラやケーキなどのスイーツ系の冷凍食品は種類が豊富です。

冷凍食材は種類が豊富

野菜や果物などの冷凍食材は種類が豊富です。

ラズベリー、イチゴ、クランベリーなどのベリー系の冷凍果物や、ホウレンソウなどの葉物野菜の冷凍食材がとても多いと感じています。

日本のスーパーではおなじみのホウレンソウですが、フランスのスーパーで「ナマ」のほうれん草を見かけたことがありません。

ですが、冷凍ホウレンソウは必ずと言っていいほど置いてあります。

ほうれん草

冷凍ホウレンソウはそのまま冷凍してあるのではなく、キューブ状に圧縮してある状態で冷凍されています。

お湯で解凍するとキューブ状から元の状態に戻りますかかなりフニャフニャになるので、スープにしたりクリームパスタに入れたりするのがほとんどです。

また、この冷凍ホウレンソウはピューレ状にしてあるものもあるので、よくパッケージを見て買わないと間違えてしまうこともあります。

肉や魚

ほかには、の冷凍食材も売っています。

魚の多くはサーモンたらで、肉はハンバーグ状になっているものが多いです。

パッケージの見た目は業務用という感じで大量入っています。

日本で冷凍食材は安いイメージがありますが、フランスでは冷凍のわりに値段が高いのがネックです。

冷凍食品専門店PICARDに行こう

おいしくて質の高い冷凍食品を探すならPICARD(ピカール)がおすすめ。

フランスに多くある冷食のお店なのですが、最近日本にも進出してきて、話題になったとか。

水色と白のペイントがされたシンプルな店舗で、店の中に入ると置いてあるものはすべて冷凍食品。

冷凍食品しか売っていないお店も珍しいですよね。

パスタやピザはもちろん、家で焼ける冷凍のクロワッサンなどパン系のものも置いていてあります。

ケーキやマカロンのスイーツ系も充実しています。

さいごに

今回は知られざるフランスの冷凍食品についてご紹介しました。

日本の冷凍食品とは、だいぶ違ったイメージを持たれたと思います。

私自身も、使い勝手も悪いし味もイマイチだからということで、冷凍食品を使うことはほとんどありません。

使うとしてもベリーやホウレンソウのなどの冷凍食材と、たまにPICARDでケーキやマカロンを買う程度でした。

やはりフランスに住むのであれば自炊が一番だと感じます。

フランスの市場には、おいしい野菜カモなどの種類豊富なお肉があります。

せっかくフランスに来たのだから、フランスのものをいただきたいですよね。

フランスの新鮮で美味しい食材を生かして料理したいものです。

少々、フランスの冷凍食品をディスり気味な記事になってしまいましたが、フランスの冷凍食品について最後までお読みいただきありがとうございました!

E.ST(エスト)は世界専門のWEBマガジン

E.ST(エスト)は、世界各地の「専門知識」を持った「海外在住ライター」が、世界中の「モノ」「コト」を紹介するWEBマガジンです。
トップへ戻る

フランスチーム

フランス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、フランスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧