• HOME
  • フランス
  • パリで運命の出会い?「あなたに会いたいから、パリへ行きます!」フランス人夫との出会いから結婚に至るまで

パリで運命の出会い?「あなたに会いたいから、パリへ行きます!」フランス人夫との出会いから結婚に至るまで

エッフェル塔
フランス

ボンジュール!皆さん!

私は、フランス在住歴5年目、パリ市内の日系企業に勤めています。

現在は育児休暇を3年取得し、のんびりほのぼの、子育て中の30歳です。

今回は、そんな私が、夫と知り合って結婚し、現在に至るまでをお話していきます。

初めてのパリ旅行

レストラン

今の夫と出会う前まで、私は東京で会社勤めをしていました。

彼と出会ったきっかけは、私が26歳の時

初めてのパリ旅行を、楽しんでいた日の事です。

英語が話せても、フランス語が話せなかった私

毎度のように、レストランでのオーダーに、苦戦していました

行く先々のレストランのメニューには、日本のように、料理の写真が載っていない為、指差しオーダーはもちろんできません。

さらに、片言のフランス語を話しても、「はぁ?」とあしらわれます。

そんなこともあり、英語を話してくれる店員がいない時は、諦めて退店した事もありました

パリで逆ナン大成功

椅子に座ってコーヒーを飲む男女

それでも、パリで美味しいフランス料理を、食べることを諦めきれなかった私は、ある行動に出ました。

それは、行きたいレストランの前で、オーダーを通訳してくれそうな人を、探す事です。

そんな時、偶然通りかかったのが、後に夫となる彼でした

彼は英語が堪能で、「オーダーを通訳してほしい」という、私の頼みを聞き入れてくれたのです。

さらに、「よかったら一緒に食べましょう!」と、食事にも付き合ってくれました。

食事後、「一人旅で何か困ったことがあったら言って」と、連絡先と、Facebookを教えてくれました。

2度目のパリ旅行で交際スタート

手を繋ぐカップル

帰国後、彼とFacebookを通してやり取りを続け、少しづつお互いを知るようになりました。

やり取りを続けるうちに、私の中で「もう一度彼に会いたい」という気持ちが強くなったのです

そうして、出会って4か月後に、再度パリへ行くことに決めました。

私が「あなたに会いたいから、パリに行きます!」と伝えると、彼は最初驚いた様子でした。

しかし、「じゃあ僕も休みを取るから、一緒に観光しよう!」と言ってくれたのです。

この旅行をきっかけに、お付き合いがスタートしました。

辛く寂しい遠距離恋愛を乗り越え

飛行機を見ている女性

簡単に会いにいけない距離、というだけでなく、時差もあった私たち。

遠距離恋愛は、お互いにつらく寂しい思いを、経験しました。

それでもできるだけ、お互いを近くに感じられるよう、あらゆる手を尽くしました。

例えば、毎日のテキストメッセージに、自分の服装の写真を添付したり

お互いに都合のいい時は、スカイプで顔を見ながら話したり

相手の誕生日や、クリスマスには、カードやプレゼントを送ったり、などなど。

彼のフランス人らしい、ストレートな愛情表現のおかげで、お互いの気持ちがすれ違う事は、ありませんでした。

が、やはり簡単に会えないという、ネックが拭えず、寂しい思いを続けていたのです。

まとまった休暇でお互いに会える日は、とても喜びます。

しかし、帰ってしまう日は、空港でお互い励まし合いながら別れました。

結婚?パックス?事実婚?

リビングでくつろぐ男女

遠距離恋愛も2年経ち、会いに行くための貯金が、深刻に削り始めた頃。

ついに私たちは、フランスで一緒に暮らすことを、考え始めました

フランスでは、結婚をする以外で、パックスというものがあります。

これは、結婚している夫婦と、同様の権利を得られる、パートナー制度のことです。

その他には、何の手続きもせず、同棲状態で子供を持つ、事実婚という選択があります。

手続きや、書類準備が面倒な結婚に比べ、比較的簡単なパックスや、事実婚を選らぶカップルは多くいます

彼の希望は、パックス、もしくは、事実婚でした。

やはり、外国人との結婚は、上手くいくかどうか不安が残ります。

その為、結婚を選ぶのは、リスクが高いと考えたよう。

一緒に暮らしたいから結婚

階段を降りてくる新郎新婦

しかしそこで問題がありました。

パックスを取るには、一定のフランス在住経験が必要な事。

事実婚は、私がフランスで暮らすために必要な、ビザがもらえない事でした。

話し合いを重ね、最終的には、結婚生活がうまくいくかの不安よりも。

お互いが、「一緒に暮らしたい!」という気持ちが、勝ったのです。

その結果、結婚に至りました。

ちなみに、彼からのプロポーズの言葉は、「しょうがない。ビザがもらえる結婚にしよう」

という、ロマンチックのかけらもない言葉でした。

結婚するまでわからなかった彼の事

大量の漫画本

彼の事を、よく理解して、結婚したつもりでした。

しかし、遠距離恋愛だったこともあり、知らなかった一面も多くあったのです

まず、彼の生活環境です。

彼は、ゲームオタクで、漫画が大好き。

多趣味の彼の部屋は、1500タイトル以上のゲームソフトや攻略本。

さらに、500冊以上の漫画や、1000枚以上のCDなど、たくさんの物で溢れかえっていたのです。

一方の私と言えば、ミニマリストなので、物がたくさんある暮らしに、慣れていませんでした。

その為、掃除の度に、少なからずストレスを感じていたのです

金銭面においても

言い合いをするカップル

さらに、金銭面においてもギャップがありました

食品でも雑貨でも、少しでも安い物を買いたい私。

対して彼は、「高い物=いい物」という考え方。

当然買い物に行くと、お互いの意見がぶつかります。

「結婚前に少しでも、一緒に住めたらよかったのに!」

と、何度も後悔しました。

フランス人男性の家事意識

料理をする男女

一方で、たくさんの嬉しい、カルチャーショックもありました

まず、フランス人男性の、家事に対する意識が高いということ。

決して「家事のスキルが高い」、という意味ではありません。

結婚生活をする上で、家事に対する当事者意識が、高いのです。

例え苦手な家事であっても、パートナーと暮らしていく上で、「やらなければならないもの」として、取り組んでくれます

育児に対しても、同じ考え方。

現在8ヶ月の長男の世話に関しては、母乳以外にできないことはない程に、しっかりこなしてくれます

可愛くてあったかい義理の両親

手を繋ぐ老夫婦

家族行事を大切にするフランスでは、義理の家族と会う機会が、多くあります

結婚前は、「嫁いびりとかあったらどうしよう」「姑とうまくやっていけるか」。

などの先入観があり、覚悟していました。

ところがフランス人との結婚で、そうした問題は一切なかったのです

日本のように、夫の両親を「お義父さん、お義母さん」と呼ぶことはなく、下の名前で呼び合います。

そして義理の両親は、いつも私のことを、大切な息子の大切なパートナーだと。

自分たちの家族の一員として、宝物のように扱ってくれます。

ラブラブな義理両親

その中でも最も驚いたのが、70代の義理両親が、とってもラブラブなことです。

お互いをニックネームで呼び合い、相手がした家事に対して心から感謝を伝え、買い物には手をつないで出かけます

ある日、義母が義父に言ったことがあります。

「お部屋をきれいにしてくれて、本当にありがとう。嬉しいから汚さないようにしなくっちゃ!」

この言葉ににっこりした義父の姿に、心が温まったのを今でも覚えています。

さいごに

景色を眺めるカップル

出会ってから、結婚にいたるまで、不安や困難もありました。

しかし、それを乗り越えて、今心から幸せだと思えます。

それは、フランス人ならではの、ストレートな愛情表現と、思いやりのおかげだと思います。

今、フランス人男性とのお付き合いや、結婚を考えている方へ。

この記事が、前向きな後押しになることを、祈っています。

フランスチーム

フランス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、フランスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧