どんな女性も虜!?モテるイタリア男子の秘密を暴く

バラ
イタリア

Question
イタリア人男性ってすごいかっこいいじゃないですか。。
ちょっとチャラいのに不快な感じがしなくてとっても不思議に思うんですよね。
なんでイタリア人男性ってあんなにモテるんですか??
みちょさん 東京都 20代 アパレル

教えて、先生!

〇〇先生先生
そのご質問に、イタリア在住ライターのカトウがお答えします!
乙女ちゃんはイタリア人男性のどんな魅力に惹かれる??

恋する乙女恋する乙女
もちろんあのイケメン顔です!!

王子様王子
OH…それは直球過ぎませんカ?
きっと世の中の女性は、彼らの情熱的な所や、イタリア人男性の本気アモーレを魅力に感じると思いマース!

〇〇先生先生
アモーレとはイタリア語で「愛」と言う意味ですね!
確かに、イタリア人男性に情熱的に迫られたい女性は多いでしょう

王子様王子
さすが恋愛マスターカトウ先生デスネ!乙女ちゃんとは大違いデース。
ちなみにモテるイタリア人男性の秘密はこんな感じデース!

  • とにかくジェントルマン
  • ロマンチックボーイ
  • 彼女の全てを愛してくれる

この記事は【5分】でササ―ッと読めマース

〇〇先生先生
きっとイタリア人男性の本気アモーレを経験すると、あっさりとした恋愛では物足りなくなるかもしれません!
そんな女性を虜にしてしまう「イタリア人男性のモテる秘密」をご紹介します!

とにかくジェントルマン

スーツ ジェントルマン

北と南で国民性や生活にもかなり違いがあるイタリアですが、一貫して言えることがあります。

それは、「ジェントルマン要素」を持つ男性がとても多いこと!

イタリア人男性は、とにかく甘い顔を持っているんですよ♡

レディーファーストは当たり前

イタリア人男性からしたら、レディーファーストは当たり前

「女性のためにドアを開けておいてくれる」のはもちろん♪

階段や車など、少し高めの段差から降りるときにも「自然に手を差し伸べてくれます」。

またイタリアでは、レストランで料理が運ばれてくる時は、必ず女性のお皿から置かれるんですよ!

さらにワインなどの飲み物も、1番に女性からついでく

れます。

これは、女性を大事にしているイタリアの文化の現れですね♡

女性みんなに優しい

カップル 情熱 夕日 ビーチ

 

イタリア男子の「優しさ」は、付き合っている女性だけにとどまりません。

段差があれば、全ての女性に何気なく手を差し伸べてくれるのです。

また、あなたが重い荷物を持って歩いていたら「持つよ!」と言って、軽々と手伝ってくれる男子も少なくありません。

私も街を歩いていたら、何回か助けられたことがあります。

自然体の優しさは、どんな女性にも魅力的と感じるのではないでしょうか♡

ロマンチックな演出が好き

想いを秘めた男性

ある日、家のドアを開けたら、顔が見えなくなるくらいの大きい花束を持って立っている彼がいた!

なんてことは映画の中だけ…と思っているあなた!!

そんな概念を壊してくれるのがイタリア人男性です。

彼らは、恥ずかしげもなくロマンチックな演出で、彼女を喜ばせることが大好き♡

サプライズ

バラ

私も実際に、誕生日にサプライズをしてもらった事があります♡

当時付き合っていたイタリア人彼とは、遠距離恋愛をしていました

なので、私の誕生日は彼と一緒に過ごすことはできない…そう悲しんでいたんです。

そんな時、「ピンポーン」のチャイムと一緒に、何か大きな荷物が届きました。

大きな箱を開けると、そこには彼からのバラの花束と、大きなぬいぐるみでした。

彼のそんなロマンチックなサプライズに、自宅にいた両親まで照れ笑い。

もちろん私は、飛び上がるほど喜びました!(笑)

日本人であれば、「彼女の両親の前では、ちょっと…」「ちょっとクサイかな…」なんてことを考える男性が多いですよね。

でもイタリア人の彼らは、そんな小さいことは気にせず、大胆で映画のようなことを平然とやってくれます

ちなみに私は、これで更に彼に恋に落ちたことは言うまでもありません(笑)

サプライズに100本のバラ

千本のバラ

そんなロマンチックなサプライズをしてくれるのは、私の彼だけではありません。

私の友達がイタリアへ自分の彼に会いに行ったとき、その男性は空港まで迎えに来てくれたそうです。

無事イタリアへ着き、自分の荷物を彼の車のトランクへ入れようと開けた時!

そこには100本のバラの花束が、トランクいっぱいに詰まっていたそうです♡

少しベタではありますが、彼のそんなサプライズにやられて、彼女はさらにメロメロになったよう(笑)

ナチュラルにロマンチック

ロマンチック カップル

私は「イタリア男子がモテるのは何でだろう?」と、考えたことがあります。

結局のところ、それは「恋人の好みに合わせ、ロマンチックな演出をナチュラルにできるところ」なのでは?と思います。

日本人男性の「愛してると言葉にしなくても伝わる」というセリフは、イタリア女子には通じません。

そんなイタリアで育った彼らは、「愛情」を表に出して全身で思いを伝えるんです。

本気のアモーレを受け取ってしまえば、もう彼からは離れられませんよ♡

家族や友人の集まりに彼女同伴

パーティー ディナー

日本で「恋人を家族に紹介する」事は、人生の中でも一大イベントですよね!

きっと両親に合わせる時は、「長いお付き合い」をしている人か、「結婚前の挨拶」くらいでしょう。

一方のイタリア男子は、すぐに彼女を家族の元へ連れていきます(笑)

彼女を自慢したい

彼らは、「自分の家族にいち早く彼女を紹介したい」のです。

もちろん、家族と会っても、結婚のご挨拶のような堅い場にはなりません

また彼女を自慢したい彼らは、家族以外のどんな集まりにも連れて行きたがります!

彼の知り合いみんなに紹介されますので、常に彼に付き添って出かけられますよ♡

友人の結婚式にお呼ばれする時も、必ずカップルで招待されますし、友人たちと食事に行くときも一緒です。

これには正直、「めんどくさーい!」と感じる日本人女性もいるかもしれません(笑)

恋人に誇りを持っている

パーティー

でも裏を返せば、それほど自分の恋人に誇りを持ち、みんなに恋人を自慢したいという表れです♡

飲みに来る友人たちも、恋人がいる男子は99パーセント恋人を連れて来ますよ!

恋人なら常に一緒に行動するというのが、イタリアの常識です。

日本人からしたら、少し面倒に感じる文化でしょう。

けれど「恋人をみんなに紹介したい」という気持ちは、素直に嬉しいですよね。

彼女のすべてを愛してくれる

綺麗な女性

女性にとって体型や顔は、とってもデリケートな部分。

それを恋人に非難されたら、正直落ち込みますよね。

「彼にいつも綺麗だなぁと思っていてほしい!」

そう願うのは、女性だったら当たり前だと思います。

欠点も受け止めてくれる

「ちょっと太っちゃったなぁ…」

ちょっとでも体型が変わると、彼に嫌われないか不安に思ちゃいますよね。

でも安心してください!イタリア人男性が本気な女性に、「痩せた方が良いんじゃない?」なんて事は絶対に言いません!

なぜなら、イタリア男子は本気になった女性の全てを愛するからです。

お腹が出ていようが胸が小さかろうが、好きなものは好き♡

本気で良いと思っている

「ちょっと太ったかも」「ぼくにはその方が魅力的だよ」

「目が一重で・・・」「エキゾチックで僕は大好きだよ」

「ニキビがたくさんできちゃった」「こんなところにニキビができて可愛い!」

彼らはこんな悩みにも、日本人からすると恥ずかしくなってしまうような言葉が、自然と口から出てきます。

それも彼女に気を使ってではなく、本気でそう思って口に出すところが「なんともイタリア人らしい」ですよね。

自分の好きなところだけではなく、嫌いなところも自慢に思ってくれる

その上、「そこが可愛い」なんて言われたら、もうイチコロですね♡

家事や育児もやってくれる

親と子 愛情

夫婦共働きが多いイタリアでは、家事や育児は分担が普通です。

たとえば、あなたが1日中具合が悪く、仕事も休み、家事も山積みだとします。

そんなところにイタリア男子が帰宅。

「僕が全部やるから、君は早く良くなってね」

まずは、あなたの体のことを労わってくれるでしょう!

「一日中家にいたのに何もしなかったの?」なんて言葉は絶対かけません。

大好きな恋人だからこそ、まずはあなたの体調を一番に心配してくれます

普通に考えると当たり前の言動のはずですが、日本ではなかなかそうはいかないでしょう(汗)

イタリア男子が好む女性とは?

女性 魅力ビーチ 自信

そんな愛情深く寛大な心を持つイタリア男子の好むタイプは、どんな女性でしょうか?

イタリア男子と言っても、好みは人それぞれなので一括りにはできません。

でも、私個人が現地で感じた印象では「自然体の女性を好む」イタリア男子が多いように思います。

また、一般的には「キュート」「カワイイ」よりも「セクシー」の方が魅力を感じるようでよ!

肝心な内面は、「男女分け隔てなく誰に対しても優しく、素直でナチュラルな女性」に魅力を感じるそうです♡

日本人女性のウケは?

日本 女性 着物

「私は日本人です」イタリア人にそう言うと、とても良い印象を持ってくれますよ♡

「よくスシ食べに行っているよ!」など、寿司ネタアニメの話をしてくれます。

ここ数年で、幅広い層のイタリア人が日本へ訪れるようになりましたね。

イタリア人が抱く日本人のイメージは、年々良くなっているそうですよ♡

日本女性はモテる

「日本の女の子って優しくて可愛い!」

日本に行ったことのあるイタリア男子は大体、こういいます。

イタリア女子は一般的に気が強く、声をかけても冷たくあしらわれてしまうそう。

そのため、誰にでも笑顔で対応できる日本人女性に惹かれてしまうイタリア人は少なくありません。

さいごに

騙す男 キザ 男女 カップル

イタリア男子の魅力、いかがだったでしょうか?

これだけイタリア男子を持ち上げた後ですが、残念ながら下心を持って上で挙げたような言動を堂々とするイタリア人も少なからずいます。

イタリア人らしい愛情表現をする人が、すべて本気とは限りません。

もし、気になるイタリア男子を見つけたら、本気アモーレを注いでくれる男性なのかどうかよく見定める必要はあります。

でも日本人女性には、遊びで近づいてきたイタリア人をも本気にさせてしまうパワーを秘めていますよ♡

女好きのダメなイタリア人を相手にする必要はありません。

けど気になる方がいたら、日本女性として自信をもってイタリア人男性と接してみて下さい

自分で思っている以上に、あなたの魅力をイタリア人男子は理解してくれますよ♡

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?



ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

イタリアチーム

イタリア在住の各専門分野に特化した日本人ライターが、イタリアの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧