• HOME
  • イタリア
  • イタリアに来たら絶対観るべき!心が震える美術作品ベスト10

イタリアに来たら絶対観るべき!心が震える美術作品ベスト10

モナリザ
イタリア

先生の紹介

イタリアチーム
イタリアチーム
イタリア在住の各専門分野に特化した日本人ライターが、イタリアの今をお伝えします。

【ライター大募集中】
あなたも世界中の情報を伝えるエストのライターになってみませんか?
興味がある方は▼詳細▼まで!

Question
イタリアへ観光に行きます!
美術品なんかも観ようと計画を立てているんですけど、絶対見るべき作品なんてありますか?
いちる さん 熊本県 20代 工場

教えて、先生!

先生先生
そのご質問に、イタリア在住ライターのキタガワがお答えします。
皆さんがおすすめする、イタリアで絶対見るべき美術品はなんですか?

恋する乙女恋する乙女
そこはやっぱり、誰でも知ってる最後の晩餐じゃないかしら??

王子様王子
こちらは人数制限もされていて見られるのがレアという事もありますからネ!

恋する乙女恋する乙女
ちなみに、私の最後の晩餐はフォアグラステーキにキャビアのソースをかけた贅沢を尽くした料理って決めてるわ!!

王子様王子
……誰も乙女ちゃんの食事情は聴いてまセーン。
ちなみに、イタリアで見るべき美術品にはこんな物もありマース!

  • ひわの聖母
  • ウルビーノのヴィーナス
  • ロンダニーニのピエタ

この記事は【5分】でササ―ッと読めマース

先生先生
今回は美術館巡りが大好きな私が、イタリアで絶対観るべき美術作品をご紹介します!

10位:ひわの聖母(ラファエロ)

イタリア美術界の御三家といえば「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「ミケランジェロ」そして「ラファエロ」です。

・・・え?ラファエロを知らない!?

そんな方も、絵を見たら、学生時代の記憶を思い出すことでしょう。

ラファエロは、御三家の中では最年少。

37歳という若さで亡くなりましたが描いた作品はとても多く、特にマリア様と幼子イエスを描いた作品は約50点あると言われています。

中でも私の一押しは、ウフィツィ美術館(フィレンツェ)にある「ひわの聖母」

イタリアに数多ある宗教画の中でも、とても柔らかな印象の絵で、観ているだけで心が穏やかになります。

マリア様と幼子イエスを描いた、いわゆる「聖母子像」と呼ばれる題材の絵画は、イタリアでは美術館から建物の外壁まで(!)いたるところで目にします。

是非、イタリア周遊予定の方は、ラファエロの聖母子像とのタッチの違いも、楽しんでみてください。

9位: ウルビーノのヴィーナス(ティツィアーノ)

当時、教科書で「ウルビーノのヴィーナス」を見て、思わず赤面した経験のある方もいるのでは無いでしょうか?(笑)

イタリア絵画のヌードの傑作は、ティツィアーノによって描かれました。

ティツィアーノは先にご紹介した3名と同時代を生きた画家です。

しかし、彼の活動拠点はヴェネチア。

フィレンツェ派の3名とは、当時は別の国の人でした。

・・・そう、イタリアはたった150年程前までは、小さな国の集まり。

ヴェネチアとフィレンツェは、違う国だったのです。

同じ時代を生きた画家でも、全く異なる画風で描かれているのが、面白いところ。

ウルビーノのヴィーナスは、奇しくもフィレンツェ(ウフィツィ美術館)にある為、フィレンツェ派の画家たちが描いたヴィーナスとの比較もしやすいですよ。

作品は、明るく華やかで感覚的に楽しめるものが多いので、宗教や神話に詳しくなくとも、観賞しやすいと思います。

8位:ラオコーン像

「ラオコーン像」は、ギリシャ神話のストーリを彫刻化した作品。

現在の研究では、紀元前にギリシャ人の手によってつくられたものだと言われていますが、未だ多くの謎を抱えるミステリアスな作品です。

ラオコーンが見つかったのは1506年。

「仕事命」のミケランジェロですら、知らせを聞いた瞬間、仕事を放り捨てて発掘現場に向かって走り出したほど、世紀の大発見でした。

ラオコーンは現在バチカン美術館、ウフィツィ美術館(コピー)で観ることが出来ます。

2メートル以上ある大理石の彫刻は迫力満点。

紀元前の人が、こんなにも大きく、美しい彫刻つくることが出来たなんて、驚きを隠せません。

7位:受胎告知(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

「受胎告知」とはマリア様が、神の子イエスを身ごもったことを告げられるシーンを題材にした絵画。

聖母子像と同じく、宗教画の中でも大変人気のあるテーマです。

そんな受胎告知の中で、レオナルド・ダ・ヴィンチのものは、特に有名です。

絵の中にどこまでも続く奥行きを感じることの出来る、とても神秘的な作品です。

こちらの絵画は、ウフィツィ美術館で観ることができます。

6位: ロンダニーニのピエタ(ミケランジェロ)

「ピエタ」は聖母子像と同じく、マリア様とイエス様が題材の作品の総称。

しかし、十字架にかけられた後のイエス様の亡骸を抱き、悲しみに暮れるマリア様がテーマです。

ピエタ作品の中で、最も有名なのがミケランジェロの彫刻作品。

ミケランジェロの彫刻といえば「ダヴィデ像」を想像される方が多いかもしれませんが、こちらのピエタも超有名です。

イタリアでは、ミケランジェロが手掛けた全てのピエタを観ることが出来ます。

個人的には最後に手がけた、ミラノ・スフォルツェスコ城所蔵の「ロンダニーニのピエタ」がおすすめ。

これは彼が晩年、視力を失いながら必死につくった作品と言われており、ミケランジェロの想いが彫刻に憑依しているかのようで、迫力に満ちています。

5位:最後の審判(ミケランジェロ)

「最後の審判」は、キリスト教における終末観を描いた作品の総称です。

ミケランジェロの最後の審判はとりわけ有名です。

描かれている場所はなんと、システィーナ礼拝堂(バチカン)の天井や壁

仕事命のミケランジェロですが、縦横14メートルほどの大画面に、ほぼ一人で向かったなんて、息をのまずにはいられません。

ちなみに、写真撮影は禁止です。

一年中大混雑している大人気スポットですが、一生に一度観るべき大作です。

4位:ダヴィデ像(ミケランジェロ)

イタリア一有名な彫刻「ダヴィデ像」は、フィレンツェのアカデミア美術館にあります。

ここは、館内の特等席にダヴィデ像が置かれていて、まさにダヴィデ像のための美術館と言っても過言ではないほど。

世界の誇る大作を、とくとご覧ください。

ほとんどの人がダヴィデ像を観て最初に思うことは・・・大きい!!(笑)

なんと高さは台座を含めると、5メートル程。

手の血管の浮き方、足の筋肉の凹凸などディテールまで魅力的で、まさに今にも動き出しそうな彫刻と言えます。

3位:春(ボティチェッリ)

「春」はボティチェッリの代表作

絵を見れば絶対「あ、見たことある!」と思うハズです。

イタリア料理店のメニュー表や壁にも良く描かれているおなじみの「アレ」。

ボティチェッリの名前は、日本ではややマイナーですが、1445年生まれの画家。

1452年生まれのダヴィンチより7歳先輩で、2人は一緒に仕事をしたこともあります。

しかも、ボティチェッリはミケランジェロやラファエロの師匠たちとも一緒に仕事をしたことがあります。

教科書では、御三家よりも小さく取り上げられがちですが、ルネサンスの誇る超売れっ子画家でした。

春は、ウフィツィ美術館の中でも異彩を放つ作品。

館内に入ってスグの所にある為、時間がない方も是非これだけは観に行っていただきたい作品です。

他の絵とは明らかに違う、まばゆき輝きにあふれた、明るいタッチの作品。

いつ観ても、ウキウキ・・・まるで春の訪れを感じた日のように、心が躍り出します。

2位:ヴィーナス誕生(ボティチェッリ)

「ヴィーナス誕生」もボティチェッリの作品。

こちらもテレビや雑誌などで何度も観たことがあるハズです。

ヴィーナス誕生もウフィツィ美術館所蔵

ヴィーナス誕生は、ウフィツィの顔として、春と一緒に入口入ってスグの所に展示されているので、時間がない方も是非この2つだけはお見逃しなく。

どちらも想像以上に大きい作品です。

そして、明らかに他の絵と違う「光」や「華」を感じます。

1位:最後の晩餐(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

「最後の晩餐」は、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名絵画

これまたイタリア料理店などでもよく飾られる、イタリア一有名な名画のひとつです。

1位に選んだ理由は、その「レア」度ゆえ。

実は最後の晩餐は完全予約制。

飾られているミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(ドメニコ修道院食堂)は、15分交代

1回につき、たった30人までしか中に入ることが許されない、大変狭き門なのです。

ミラノ生まれミラノ育ちの友人ですら「観たことない」なんて言うほどです。

意外にも、「生」最後の晩餐を見るのは、至難の業なのです。

旅行会社が専用予約枠を大量に確保しているケースが多いので、もしどうしても観たい方は、それらを利用するのもひとつの手です。

門外不出の大作を生で観る迫力は、何物にも代え難い体験となるでしょう。

さいごに

イタリアでは、有名美術作品がひとところに所蔵されている場合が多い為、見比べることの出来るチャンスです。

是非、世界の名だたる絵画たちの、画風の違いなども味わいながらじっくりご鑑賞ください。

チャオ!

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

4テーマに厳選した出会えるアプリ

お気に入りのアプリは見つかりましたでしょうか?

他にも、とっておきのオススメアプリはあるのですが、長くなりそうなため、別のページにまとめております。

そちらの記事では、色々な目線で厳選したオススメアプリをご紹介しております。

ぜひ、そちらの記事もご覧くださいね!

\ 続きの記事はコチラ /

その他の厳選アプリをみる

関連記事一覧