• HOME
  • フランス
  • 【国際結婚物語】旅行好きの私がフランス人の外国人男性と結婚したワケ

【国際結婚物語】旅行好きの私がフランス人の外国人男性と結婚したワケ

旅行
フランス

フランスチームの橋本(はしもと)がフランスよりお届けします。

フランス人の夫と結婚して、現在ブルターニュ地方に住んでいる、34歳です。

それまでは、日本で雑貨屋で仕入れや販売の仕事をしている普通のOLでした。

そんな私が、なぜフランス人男性と結婚できたのでしょうか?

今回は、私の出会いから結婚後の様子までをご紹介したいと思います。

E.ST(エスト)は、ヨーロッパの外国人男性と出会い、そして結婚したい女性のためのWEBマガジンです。ヨーロッパの外国人男性と国際結婚(または交際中)し、ヨーロッパ各地で生活している日本女性達が恋愛コラムを書いています。その他、結婚後のヨーロッパ生活の様子やヨーロッパ各地のファッションやコスメ、グルメ食事などの情報も掲載中です。
たった一度の人生。素敵なヨーロッパ人男性とヨーロッパで幸せに暮らしてみませんか?
TOP / ヨーロッパの外国人との出会い方 /

目次

友達を作るため出会いを探す

私は、中学生の頃、海外に興味を持ち始めました。

そして、社会人になってからは、年に一度の海外旅行のために働いていると言ってもいいほど、そのことに夢中になっていました。

今まで台北、パリ、ブリュッセル、ヴェネチア、ロンドンなど一人旅をしてきました。

旅行は年に一度でも、旅の写真を整理してアルバムを作ったり、次の旅行の計画を立てるのが楽しすぎて、何年も彼氏がいなくても全く気になりませんでした。

海外の友達が欲しい

友達

ところが、30歳でパリを訪れていた時、ふと思いました。

周りを見渡すと、カップルで旅行している人ばかりだということに気が付きました。(やっと)

昔から結婚願望もあまり無く、1人でいるのが楽だったので、せめて旅先でちょっと案内してくれるような友達がいたらいいなぁという気軽な思いでした。

かと言って旅先でその日に出会った人に付いていくのも怖いので、まずは試しに、世界中の人と交流ができるというアプリを使ってみました。

俗にいうマッチングアプリです。

お友達候補

スマホを見る女性

はじめてみると、毎日驚くほど沢山のヨーロッパ人男性からメッセージが送られて来ました。

その人たちと連絡を取り合い、毎日絞っていきました。

最終的に4人残りました。

  1. 日本在住のイタリア人シェフ
  2. パリ在住のフランス人
  3. スペイン人のシングルファーザー
  4. 半年後に日本旅行予定の日本好きフランス人

この4人がお友達候補です。

4番目の日本好きフランス人は、年齢が同じで、顔もタイプだったのですが、残念ながら彼女がいたのです。

いつの間にか彼氏になる

何週間か連絡を続けた結果、仲良くなった人とはアプリを離れてスカイプやLINEで会話をするようになりました。

中でも一番仲良くなったのが、4番目の日本を旅行を控えた日本好きフランス人でした。

とにかく話が面白く、私が当時気になっていたカナダ人男性のことを話したり、彼の彼女の事を話したりと長話に夢中になりました。

彼には彼女がいたので、最初は単に友達として交流ができたのは良かったのでしょう。

その内、ますますチャットをする時間が頻度が増えていました。

そして、その頃には、彼女とは別れ、そして私への猛アタックが始まりました。

彼からの猛アタック

スマホを見る女性

当時、在宅で仕事をしていた夫は、毎晩電話をかけてきました。

段々と長電話をするようになったある日。

「ガールフレンドになってほしい」

そう、彼から言われました。

一度は断りましたが、毎日のように言われるようになりました。

最初にチャットを始めてから2ヶ月半程が経ち、私もさすがに折れ、お付き合いをすることにしました。

遠距離恋愛

カップル

そこからフランスと日本との超遠距離の関係が始まりましたが、とにかく暇さえあればスカイプのビデオコールで話しました。

不思議と、会話は尽きることは無く、何でも話すことができました。

そして、彼に実際に会うことになりました。

初対面の日。

正直、ネットでの出会いなんて信用していませんでしたが、彼に京都駅で初めて会った時、予想以上に背が高かったこと以外はスカイプでの印象と変わりませんでしたので安心しました。

そして、彼とビックリするくらい気が合い、こんな出会いは二度とないかもしれないと感じました。

プロポーズは突然やってくる

フランスの彼に遊びに行った時の事です。

夫の友達の家に遊びに行く予定でしたが、その友達の仕事が終わるまで少し時間があったので、隣の町に行ってみました。

田舎の小さな町なので何もありませんでしたが、彼のお父さんが生まれ育った町でした。

小さな教会で

プロポーズ

街の中心には、彼の両親が結婚式を挙げた小さな教会がありました。

もう日は落ちていて、暗かったので、中には入れず残念に思っていました。

でも、周りに人もいなかったので、教会の外をゆっくり見ることができました。

そして、教会を一周歩いた時の事。

夫が急に片膝を付いて、ポケットから指輪を出しました。

「結婚してください」

今までに見たことのない緊張した顔で、彼はそう言いました。

「はい」

嬉しくて涙が止まりませんでした。

しかし、実は、普段から「結婚して!」と言われていたので、プロポーズされた時は、正直、驚きはありませんでした。

結婚にはマイナスのイメージしか持っていなかった私が、なぜか「この人となら大丈夫だ」と感じました。

彼との結婚を迷わず決めれたのは、今考えると不思議で「運命」のようなものを感じます。

フランス人夫との結婚後のいろいろ

結婚して一緒に暮らしてみると、お互いの時間の使い方や、習慣が分かってきます。

そうすると、些細な事でケンカや文化の違いなどで価値観の違いなどが現れてきます。

道路に買い物袋を置かないで

パリの小道

最初にカルチャーショックを受けたのは、夫が一旦外の地面に置いた買い物袋を、家のキッチンカウンターに置いた時でした。

特にパリはひどいですが、フランスの道路には、犬の糞が落ちていたりと、とても汚いのです。

でも、フランス人は、あまり気にしません。

私は日本人の中では気にしない方ですが、それでもフランス人の気にしなさには敵いません。

超薄着

寒そうな女性

ブルターニュの夏は、日本の本格的な夏とは違い、わりと涼しいです。

しかし、白人やアフリカ系の方は代謝が良いのか、暑がりな人が多いように感じます。

彼らは、天気が良い日は、超薄着で外に元気に飛び出して行きます。

冷え性で悩む人なんていないんじゃないかと思います。

私は昔からお腹が冷えやすいのですが、夫はそれを理解してくれません。

「夏だし、サマードレスを着て腕や脚を出したら?」

いつもそう言われます。

確かにいつも何層も洋服を着ているのはセクシーではないとは思います。

でも、彼が思っているほど、ブルターニュの夏はそこまで暑くないのです。

服のセンスの違い

お花を持つ女性

フランス人の服装は意外と地味などとよく言われますが、これは間違いありません。

私は明るい色が好きで、何色か組み合わせるコーディネートばかりでしたが、夫はこれが好きではありませんでした。

好きで着ているのに、何か言われると、ちょっとした一言でもカチンときました。

ケンカと言うより、私が一方的に怒っていました。

『フランスでは使って良いのは2色まで、何色も身につけるべきではない』

私が何を言っても、この考えは変えてもらえることができず、何度かぶつかりました。

否定されたような気持ちになり悲しかったですが、夫には、これはどうしても分かってもらえませんでした。

でも、フランスに行ったら

日本では、あんなに頭にきていた服装。

でも、どういう訳か、いざフランスに来てみたら、むしろ地味な色合いも結構いいなと思うようになりました(笑)

郷に入っては郷に従えということでしょうか。

フランスで服を買うようになった今では、それほど意見が食い違うことも無く、気にならなくなりました。

いつでも綺麗でいて欲しい

綺麗な女性

夫は、家の中でも、身なりを小綺麗にしていて欲しいと思っているようです。

たまには、2人でずっとパジャマでダラダラ過ごす週末もありますが、基本的には少しは気を使うようにしています。

時々面倒に思うことはあります。

本当は、うちにいるだけなら機能性と着心地重視で部屋着を選びたいところです。

それでも、フランス人男性はちょっとのことでも褒めてくれます。

「かわいいね」「セクシーだよ」

ですので、頑張り甲斐はあり、こちらも頑張ってしまいます。

私を褒めてくれる

料理を作るカップル

フランス人の夫は、いたって普通な私を、やたらと褒めてくれます。

また、外でも家の中でもボディタッチはかなり多く、キッチンで料理中にもくっついてくるのは、若干うっとおしいです(笑)

夫はなんでも食べるので、私が食べたいものだけを作っても、美味しいと言って食べてくれます。

また、料理も、私が作ると決まっている訳ではなく、夫も料理を手伝ってくれます。

ただ、私が作ったほうが確実に美味しいので、私が料理することが多いのです。

フランス人は人との繋がりを大事にする

夫には子供の頃からの仲良しの友達がいて、彼らに会いに行く時は、必ず私も連れて行ってくれます。

夫の友達も、パートナーとして当たり前として迎え入れてくれるので、一気に友達が増えたようで嬉しいです。

まだフランス語はあまり分からないので、会話に入って話っていけませんが、気を使って優しくしてくれます。

フランス人は、おしゃべりが大好きで、人懐っこい人が多いように感じます。

友達の他にも、夫の同僚たちの集まりにも呼んでくれます。

そのため、私だけフランスに友達がいないと思うことは、今のところなく、とても充実した毎日を過ごしています。

義理の両親

バイクに乗るカップル

夫の両親は、車で15分ほどのところに住んでいて、月に一度のペースで会っています。

2人でバイクに乗って周辺の国へ出かけたりと、とてもアクティブな義両親です。

また、異なる文化にも寛大な人で良かったです。

おうちにお邪魔した時も、お客さんとして迎えてくれるので、嫁だからといって気を使うことがありません。

2人いる夫の弟も、とてもフレンドリー。

1人は近くに住んでいて、パックス協定(事実婚)を結んでいるガールフレンドと、とってもかわいい子供が2人いるので、時々遊びに行く関係が続いています。

このように、親族であっても、気を使わずに気軽に付き合えるのがフランス人と結婚した魅力でもあります。

フランス人男性との結婚について思う事

日本人同士の結婚に比べると、書類の手続きは面倒なことが多いですが、国際結婚の弊害と言えばそれだけだと感じています。

確かに、相手はフランス人ですので、意見や習慣が異なることはあります。

でも、そんなことは当たり前なので、私たちはなんでも話して解決するようにしています。

国際結婚のため、「普通はこういうもの」という思い込みによる誤解は生じにくいのです。

日本人同士でも育った家庭によっても習慣は異なりますが、育った国が同じため、「普通はこういうもの」という思い込みでの誤解は多いと感じます。

そのため、外国人と結婚することが特別大変だとは、私は思いません。

いつまでも恋人同士

仲良しカップル

その他、日本人との結婚と違うところは、ストレートに愛情表現をしてくれるところは、やっぱり嬉しいものです。

ここまで言葉や態度で表わしてくれる人は、日本人男性にはなかなかいないのではないかと思います。

フランスでは、夫婦はいつまでも恋人同士でいるのが理想とされていて、言葉や態度に表すのはとても大事です。

「言わなくても分かるだろ」は、フランスでは通用しません。

夫婦であり、親友でもあり、パートナーでもありますが、恋人同士なのです。

そのおかげで、大事にされていると実感することがとても多く、フランス人夫と結婚して良かったと、毎日思っています。

私は、フランス人の彼と結婚して、とても幸せです。

運命の人に出会う方法

スマホを見る女性

運命の人と出会う意外な方法とは?

人間ならば、運命の人と出会いたいと思うのは当たり前です。

しかし、運命の人には、簡単に出会えないのもの…。

日本人だけをターゲットにしていると、運命の人には、一生出会えないかもしれません。

そこで、私たちE.STでは、日本人だけではなく、「ヨーロッパやアメリカ人」をターゲットに入れるようアドバイスしています。

せっかく、大きな地球に生まれてきた私たち。

小さい日本だけを見て、将来のお相手を決めてしまうのは、とても「もったいない事」と言えます!

でも、一般的にシャイと言われている日本人。

街にくりだして、お好みの外国人に声をかけるのは厳しい…。

しかし、ご安心ください。

実は、国際結婚を実現した先輩ライターさん達は、アプリで出会った方がとても多いというデータがあります。

海外ではアプリで出会うのが当たり前

日本でマッチングアプリというと、不純なイメージもあるかもしれません。

しかし、ヨーロッパなどの外国では、もっとライトなイメージを持っており、アプリで出会うことは当たり前の事として受け入れられています。

そのため、外国人の登録者数はとても多く、アプリで出会える確率はより高いと言えます。

外に出なくても、道端で声をかけなくても、憧れの外国人と出会うことが出来るので、他の手段に比べて苦痛は大幅に軽減できます。

それでは、実際に私達が数か月間利用し検証したオススメアプリをご紹介いたします。

もちろん、日本人との出会いも豊富なアプリばかりなので、全方位から恋人を探すことをオススメします!

英語を「話せる」「話せない」かでオススメアプリは変わってきますので、分けてご紹介させていただきます。

英語が出来れば、さらに出会いの幅は広がりますが、英語が出来なくても日本国内で十分に出会うことは簡単です。

 英語が出来ない人におすすめのアプリ

日本在住の外国人がターゲット

こちらで紹介するアプリを使うと、主に日本在住の外国人と知り合う事になります。

なぜなら、日本語ができる海外在住の外国人は非常に稀なため、日本語が出来る日本在住の外国人しか登録はしません。

しかし、安心してください。

日本在住の外国人は、私たちの想像以上におります。

どうしても海外在住の外国人に出会いたいという方は、「英語が出来る人におすすめのアプリ」もご覧くださいね。(英語が出来なくても、ある程度は問題ないかと思います。)

それでは、実際に利用し、外国人と出会えたアプリをご紹介していきたいと思います。

1位:pairs(ペアーズ)

pairsペアーズ

国内最大規模である約700万人が利用しているアプリ。

日本で人気のアプリのため、日本人が非常に多い印象です。

また、海外ではあまり浸透していないため、日本在住の外国人を主に探すこととなります。

日本在住の外国人には、知名度が高いため、外国人は一定数表示されます。

しかし、やはり下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、(当たり前ですが)外国人の登録者は少なくなってしまいます。

細かい検索が可能

「居住地:東京 出身地:フランス」のような条件を絞り込んで、相手を探すことができます。

出身地の項目には、100以上の国を指定できますので、ターゲットをより絞り込んで、お好みの男性を探すことが可能です。

また「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されているため、そちらでも手っ取り早く探すことができるのもポイントが高いです。

外国人男性と出会いやすい環境が整っていますが、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べ、外国人登録者が少ないため2位とさせていただきました。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

2位:match(マッチ)

matchマッチ

この「match(マッチ)」は、日本でも有名なアプリですね。

1995年にスタートした恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在で、海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用するアプリです。

探しやすい

matchには、「人種検索」というものがあり、ヨーロッパ系男性を探しやすくできています。

「ラテン系/ヒスパニック系」「白人/コーカサス系」などで人種検索できます。

人種を絞った後に、好みに合ったルックスや特徴で探せるのがポイントが高いです。

デメリット

日本在住の外国人がメインになってきますので、下で紹介している「英語ができる人用のアプリ」に比べると、外国人の登録者は少なくなってしまいます。

また、無料でも十分楽しめますが、機能に制限があります。

そのため、メッセージが来ても見れないものもあり、有料会員になろうか迷うことはあるかと思います。

有料会員は、1759円/月~となります。

気に入らなかったらアプリを削除すればよいので、有料登録は考えずに、とりあえず気軽に無料で始めてみるのが良いかと思います。

公式サイトはこちら(スマホ) > 公式サイトはこちら(PC) >

 英語が出来る人におすすめのアプリ

英語が出来る方は、日本在住の外国人以外にも、ヨーロッパなどの海外在住の外国人と出会う事も出来ます。

ちなみに、英語ができない方でも「グーグル翻訳」等を使いながら、男性とやり取りすることで会話を成り立たせることが出来ます。

あちらの男性も、頑張ってあなたの英語を理解しようと努力してくれますので、意外とやり取りは出来てしまいます(笑)

英語を学びつつ、海外在住の外国人男性と知り合うことが出来ますので、実は、1度で2度おいしい方法とも言えます。

1位:Badoo

badoo

世界中に3億9400万人(※7月現在)の会員がおり、秒単位で刻々と増え続けています。

その規模は190カ国、40言語以上をサポート、ただ今世界各国で急成長中のアプリです。

ヨーロッパ系外国人がとても多い

Badooの拠点はロンドンにあるためか、ヨーロッパ系外国人男性の登録も多く、出会いも比較的多いということができます。

実際に登録してみると、とにかくヨーロッパ系外国人が多く、待っているだけでも毎日のように沢山のメッセージが届きます。

現在地を変えることが出来るため

「日本」にすれば日本在住のヨーロッパ系外国人から

「フランス」にすれば、フランス在住のフランス人から

「イタリア」にすればイタリア在住のイタリア人から

と、あなたのターゲットに合った幅広い出会いがあります。

実は、私は登録するまで存在すら知らなかったアプリだったのですが、実際にヨーロッパ系の外国人男性とすぐに知り合うことが出来たので、おすすめアプリとしてご紹介させていただきます。

ネットで悪い評判?

また、問題点としては、グーグルで「Badoo」と調べると上位に悪い評判が出てきます。

その主な理由は、このような項目です。

  1. 「Facebookに投稿される」
  2. 「サクラがいる」

「Badooを使っているとFacebookに投稿される」という批判については、正直よく分かりませんでした。

実際に使っても勝手にFacebookに投稿されたことは1度もありません

もし心配な場合は、Facebookではなく、「メールアドレスで会員登録」すればfacebookと紐づけはされないため、不安を取り除くことが出来ます。

サクラといった部分についても、今のところ使っていてサクラの存在を感じたことはありません。

世界中に3億9400万人以上の会員がいますので、サクラを雇う必要は無いように私は思います。

悪いサイトでないか確認が必要

そういった批判が記載されているサイトを見てみると、Badooを異常に下げて、別の出会い系サイトに誘導しているサイトが多いのに気づくかと思います。

日本でBadooの知名度が低いのを利用し、Badooをこき下ろし踏み台として利用しているのです。

そのようなサイトは、業者からお金を貰って誘導している場合が多いため注意が必要です。

世界中で大人気のアプリ

Badooは、日本ではあまり知名度はありませんが、世界でも最上位に入る大人気のマッチングアプリです。

下の記事を読んでいただければ、このアプリのスゴさ分かるかと思います(別サイトに飛びます)

参考記事世界各国別に人気がある出会い系アプリまとめ(gigzine)

ちなみに、日本人は日本発のマッチングアプリを好むため、海外製アプリはあまり日本では普及しないのだそうです。

しかし、日本発のアプリは、外国人の登録は少なく、サクラが多いものもあるため注意が必要です。

海外製アプリは日本人登録者が少ないため、知人や同僚などにバレずに使うことが出来るのも良いですね。

実際にこのアプリで結婚

実際にこちらのアプリで、ヨーロッパ人男性の恋人ができ、結婚まで至ったライターさんもおります。

そのため、オススメアプリとさせていただきます。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

2位:LOVOO(ラーブー)

LOVOO

LOVOO(ラーブー)は、ドイツやイタリア、フランス、スペインなどヨーロッパで圧倒的な人気を誇るアプリです。

こちらはドイツ発のアプリのため、ヨーロッパ系外国人の登録者が多いのは納得です。

ヨーロッパでは「Tinder」「Badoo」「Lovoo」の3つで競い合っているような状況と言えます。

内容としましては、現在地に近い相手を探していくアプリとなります。

そのため、日本在住のヨーロッパ系外国人男性がメインターゲットになってくると思いますが、日本語で会話できる場合が多いため、そちらも安心だと言えます。

デメリット

日本語に非対応で英語で操作を行うことになります。

しかし、設計的に分かりやすいため、英語が分からなくても何となく直感で操作はできるかと思います。

出会いを増やすテクニック

また、テクニックとしましては、プロフィール欄にヨーロッパの外国人男性と出会いを求めている旨を書くと、外国人からの連絡が来やすくなります。

そして、英語に自信がない方は、ヨーロッパ在住の外国人からの連絡には、Google翻訳を使いましょう。

ネイティブからすると、カタコトの外国語に感じる事でしょう。

しかし、相手からすると、カタコトの言葉が逆にカワイく受け止められることも多く、意外と普通に連絡が取れることに驚くはずです。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

3位:Tinder(ティンダー)

tinderティンダー

世界で「Badoo」と人気を二分するアプリ「Tinder(ティンダー)」

外国人の登録者数が多い

もともと海外生まれのアプリなだけに、ヨーロッパ系外国人の登録は多いです。

そのため、日本国内の多くの外国人が利用していますし、ヨーロッパ各地でも現地外国人が多数登録しています。

累計マッチ数は200億件ともいわれ、Tinderは世界のどのアプリよりも出会いを提供していると言うことができます。

マッチングアプリの中では珍しく「メッセージ送信を無料」で行えるのも嬉しいポイントです。

絞り込みが出来ない

しかし、相手を探す際に「国籍」「出身地」などの絞り込みができません。

そのため、日本人が頻繁に表示され、探すのに一苦労。

外国人の数だけなら間違いなくトップクラスなのですが、正直探しづらいのが難点と言え、3位となります。

iphoneユーザーはこちら > Androidユーザーはこちら >

まとめ

上記アプリを使えば日本でも間違いなく外国人男性と出会うことが出来ます。

もちろんアメリカ系やカナダ系などの外国人も探せますが、今回はヨーロッパ系の外国人の登録が多いアプリにこだわり掲載させていただきました。

そのため、見たこともないアプリもあったかと思います。

個人的には、アメリカ系アプリはお金儲けに走りすぎてあまり好きではありません^^;

アプリの問題点

しかし、現在地から近くの男性を探すアプリも多いため、日本で利用すると日本在住の外国人との出会いが多くなってしまうかと思います。

もちろん、それでも、間違いなく幸せになることが出来ます。

しかし、中には、ヨーロッパ在住の現地外国人と仲良くなりたい方もいる事でしょう。

その場合は、海外に行く+アプリの合わせ技です。

その場合のアプリは、現地で人気の「Tinder」「Badoo」「Lovoo」を使いましょう。

私達「日本女性」という生まれながらの「魅力」を使うことで、現地のヨーロッパ系人男性から毎日のように求愛されることは間違いありません。

日本人女性は、ヨーロッパでモテます!

たった一度の人生。

決して「理想」を諦めてはいけませんよ! byヨーロッパ系外国人と結婚した先輩ライターより

 総合評価

良い点 ・外に出なくても相手が探せる
・自分から声をかける必要がない
悪い点 ・遊び相手を探している外国人もいる(見極め大事)
・日本在住のヨーロッパ人にしか会えない
評価 ★★★★☆

フランスチーム

フランス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、フランスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧