• HOME
  • 台湾
  • トラウマ克服!人生のどん底から救いあげてくれた台湾人彼氏との大恋愛

トラウマ克服!人生のどん底から救いあげてくれた台湾人彼氏との大恋愛

キスをしようとするカップル
台湾

皆さんこんにちは!恋愛ライターのモモです♪

今回は、私の過去の恋愛を少しご紹介したいと思います。

私は、以前付き合っていた彼に DV を受けていました。

過去に交際していた人の影響で、男性へできてしまった恐怖心...

時間は経っても消えず、大きな心の傷になる方も多いのではないでしょうか?

わたし自身、はじめて交際した男性が、破局原因 TOP 3である「 DV 男・ギャンブル・モラハラ男」で、身も心もズタボロになっていました。

そんな時に、台湾人の男性に出会ったことがきっかけで、人生のどん底にいたわたしは、再び前を向いて笑顔で歩いていけるようになったんです。

今回は、そんなわたしと彼の恋物語をお届けしたいと思います。

記憶から消してしまいたい過去

ジグソーパズル

恋人と破局した原因は、「交際を始めた頃とはまるで別人になってしまい、本来の姿を知ってしまったから」です。

わたしは、25歳まで男性と1度もお付き合いをしたことがなく、恋愛経験がありませんでした。

自分に自信が持てず、気付けば25歳になっていた時に、勢いである男性と交際に発展したんです。

お付き合いをはじめた頃は、その彼はお酒・ギャンブルをしていることは知っていましたが、それでも適度な量。

ですが時が経ち、お互いの信頼関係が築きはじめると…彼の行動はエスカレートしていったんです。

ギャンブル依存症

不安定な職についていたその人は、日頃のストレスからか、ギャンブルが大好きでした。

賭けごとにお金を絡み、大金を1晩で使い切ってしまうことも少なくありません…。

がんばって働いた給料を増やしたい一心で、ギャンブルを繰り返し、負けた時には、なんと私に八つ当たりまでしてくる始末。

ギャンブルにはお金を「これでもか!」とつぎ込むのに、普段はドケチなんです。

男のプライドもなく、女にお金を出してもらうことに恥じらいのない方でした。

アルコール依存症と DV

顔を手で覆う女の子

ギャンブルだけではなく、お酒を呑むことも大好きだった彼。

毎日泥酔状態で帰宅し、記憶をなくしたり、日頃のストレスを、怒りで発散する人だったのです...。

さっきまで笑顔だったのに、スイッチが入ると、気が済むまで私を怒鳴り続ける。

そんな日々が続き、私は彼がお酒を呑んだ姿を見るのが怖くなり、狂いそうになっていきました。

ある日「いい加減にして!」と日ごろのうっぷんを彼に言うと、なんと思いっきりビンタをされたんです。

「助けて」の声も出ないほどの恐怖でした。

突然優しくなる彼

そんな彼は、翌朝目を覚ますと何にも覚えていないんですよ…。

「自分はなにも悪くない」の一点張りで、謝ることもしてくれませんでした。

狂ったように怒って私を殴ってしまうのに、突然優しくなって「ごめんね」と涙する彼の姿に…。

その時、私はなぜか「この人を一人にしちゃダメだ...」と思い込んでしまう。

そんな日々が続いたんです。

モラハラ(モラルハラスメント)

座っている女性

そんな私の精神が崩壊したのは、モラハラが原因でした。

日に日にひどく変わり果てていく姿に、その原因はわたしにあると考えてしまったんです。

「やっとできた彼氏…私なら、きっと彼を変えられる!」と自分を過信しすぎてしまいました。

ただ、わたしは彼に依存していただけなのです。

「どこかで私が変わらないと。わたしを幸せにしてくれる人は彼じゃない。」

そう決心し、やっと別れを切り出しました。

出会いは、職場の駐車場

駐車場を歩く女性

環境を変えたかった私は、リゾート地のホテルの仕事に就きました。

そんなある日、「○○警察署のものですが...」と、突然警察から電話あったんです。

話を聞くと、ホテルの従業員が運転する車が、職場の駐車場においてある私の車に当たってしまったとのこと。

私が駐車場に向かうと、そこには慌てた様子で謝罪する男性の姿がありました。

「わたしは台湾人です」と流暢に日本語を話し、礼儀正しく、何度も謝罪してくれる彼がそこにいたんです。

その日は彼と連絡先を交換したのですが、なんと偶然同じマンションの同じ階に住んでいたことが判明したんです!

同じマンションに住んでいるのに

マンションを下から見上げた様子

連絡は取り合っていたものの、その日以来彼とは職場やマンションで会うことはありませんでした。

リゾート地のホテルなので、夏休みは激務...

毎日、クタクタになるほどお互い仕事をしていました。

それでも、共通の友人から彼の存在や性格などを聞いていたので、どんな人なのか気になっていたんです。

でも忙しい毎日を送る私は、直接的なアクションを起こせずにいました

そんな中、仕事が落ち着いてきたので、勇気を出して「今度、お出かけしませんか?」と彼に LINE を送ってみたんです。

連絡を取りはじめると、偶然会う日が増えはじめる

スマートフォンを持つ女性

日程や予定をやり取りしていると、連絡を取りはじめた頃から、びっくりするほど彼と顔を合わす機会が増えたんです!

偶然わたしの部署にヘルプに来てくれたり、仕事の休憩中に顔を合わせて、ほんの数秒でも会って挨拶したり…。

ふいに出会うとドキドキが止まらなくて、 LINE の返信がくるたび、嬉しかったことを覚えています。

初めてのデートは、ドライブをしながら紅葉を見にいき、映画を見て美味しいご飯を食べる、リラックスした1日でした。

ですが…

一緒にいるとすごく落ち着く人なのに、ずっと好意を持てずにいたんです。

恋に落ち胃袋を掴まれた日

手を繋ぐカップル

彼に「好き」という気持ちはなかった私ですが、ついに恋に落ちる出来事が!

それは、年末年始で激務中の仕事内でおこりました。

「体調が悪いな」と感じていたものの、休めないと無理に出勤したわたし。

その日は、40度近くの熱を出しながらも、なんとかその日の仕事を終えました。

ですが、翌日病院に行くと「インフルエンザ」と診断を受けたんです。

親元を離れて一人暮らしだったので、孤独感に襲われすごく辛い時間でした。

思わず伝えてしまった寂しさ

他県に泊まり込みで出張にいっていた彼に、ついポロっと「寂しい」と言ってしまった私。

すると、彼は1日仕事を早く切り上げて、わたしの部屋まで看病しにきてくれたのです!

「大丈夫!?」と冷えピタを貼ってくれて、食欲が出ないわたしのために特製のスープを作り置きしてくれました。

そして「京都で買ってきたの!」と恥ずかしそうに、クリスマスプレゼントまで...!

その日から、毎日仕事終わりに顔を見にきてくれて、「体調どう?」と、声をかけてくれるようになったんです。

「元気になったら、映画見にいこうね!お出かけしようね!」と、元気づけてもくれる。

その瞬間、わたしは彼が好きなんだと気付きました。

不器用な告白

ベンチに座るカップルの後ろ姿

体調も戻り、改めてお礼をするのと同時に、今の想いを告白しました。

わたしの過去の話、彼の過去の話、今まで以上に深い話をするきっかけになりました。

「ぼくは、これから叶えたい夢がある。だけど、不器用だから、すごく不器用だから、仕事も恋愛も一緒にできない。」

2つのことを一緒にできない性格だから、彼女になったら、寂しい思いをさせてしまうかもしれない...

「わたしはフラれてしまうの?」と思いながらも、それをゆっくりと最後まで聞いていました。

話し合いを重ねて、「好きな気持ちは変わらない!2人で乗り越えていこう!」と言う結果になったんです。

こうして私は、大好きな人の恋人になることができました。

トラウマを乗り越えたわたし

考え込む女性

彼は、自然と「安心・安らぎ」を与えてくれる存在です。

過去のトラウマや恐怖心は、彼といる間に思い出したことはありません。

台湾人の男性の特徴は、私の彼を含め「人を大切にするおもいやり・優しさ」が多いこと。

多少の価値観の違いもありますが、マイナスなことをプラスに変えてしまう彼のパワーに、いつも背中を押されています。

家族や友人にも「彼と出会って顔つきが優しくなったね、いい人に出会えて本当によかった!」と、言われるほど(笑)

過去にすがっていたわたしは、内面からくるストレスで常にイライラして、周りにも心配をかけていました。

思い出すとすごく辛かった経験でしたが、別れを決意して前を向き彼に出会ったことで、幸せな人生を掴むことができたんです!

国際カップルが増えている現代

ハグするカップル

私たちカップルは、彼が日本に住んでいるので国際遠距離ではありません。

ですが、今も日本と台湾で遠距離をしているカップルは、たくさんいると思います。

それでも何故彼と付き合っていられるのか…。

それは、台湾人男性に共通する「優しさ」のおかげだと感じています。

一貫して、両親を大切にするように、恋人のことも大切にする人が多く、適度な距離感を保ってくれるんですよ。

そういったことが、日台カップルが多い理由なのでしょうね♪

さいごに

寄り添うカップル

台湾人男性は、自国のように日本が大好きです!

「台湾人は親日」といわれているように、お互いの国を尊重しあえる仲だからこそ、心から惹かれあう男女が多いのでは?と思うこの頃。

恋愛や出会いは、すべてタイミングとチャンスだと思っています。

「偶然」が重なり、心から安心する彼に出会い惹かれ合ったこと。

どんな時でも私を守ってくれようとしてくれる彼を、心から愛しく思います。

トラウマを克服するのは、簡単なものではないですし、時間も掛かります。

ですが「自分自身が乗り越えよう!」と決意すれば、きっとあなたにも出会いの引き寄せがあるんですよ♡

さあ、世界で恋をしよう!

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の相手」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

「運命の相手」に出会う方法?

ですが、運命の相手には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな相手をどうやったら見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を果たしたE.STのライター達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあります。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の相手に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際にステキなお相手と出会い、幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

ここまで読んでくださったあなただけに特別に編集部イチオシのアプリをご紹介いたします。

運命の相手探しならmatch(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 年齢層は20代~40代が中心
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 結婚に対する価値観や嗜好が似ている人を探しやすい
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • matchで出会い、1年以内に結婚をしたカップルは44%
  • 公務員や税理士などの収入が安定している人も探しやすい
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 1日に50組以上のカップル誕生 /

まずは無料会員で試してみる

関連記事一覧