ポーランドのスーパーマーケットで衝撃を受けたことベスト3

お店OPEN
ポーランド

ポーランド在住ライターの小林(こばやし)がお届けします。

多くの人が普段からよく利用するスーパーマーケット。

日本には、お客様は神様というフレーズがあるようにスーパーマーケットの店員さんは常に礼儀正しく、レジの店員さんの丁寧さや親切さは尊敬してしまいますよね。

朝から新鮮でピカピカの食材が丁寧に並べられ、棚は整頓され、私は日本に一時帰国するたびに感動してしまいます。

日本に住んでいた頃はこれらのことは当たり前で、むしろこれが出来ていないスーパーマーケットを利用した際は「なんか微妙なスーパーだな」なんて思って、足が遠のいたりしたものです。

しかし、日本の当たり前がポーランドにはありません。

そこで今回は、そんな私がポーランドのスーパーマーケットで衝撃を受けたことベスト3をご紹介したいと思います!

3位:営業開始直後でも品揃えが悪い

お店OPEN

ポーランドの人は、本当にのんびりしています。

レストランでは注文を取りに来るまでも食事が出て来るまでも長いし、店員さんはお客さんがいてもジュース飲んだりお菓子食べたりしていることもあります。

この「のんびり屋気質」は、スーパーマーケットも例外ではありません。

営業開始直後に買い物に行っても、まだ店員さんたちが総動員で商品を陳列しているというのは日常茶飯事。

そして、レジには店員がほとんどおらず、お会計が出来ない・・・なんてことも。

日常はそんな感じですが、逆にイースターやクリスマスの前は、朝からすごい混みあい、卵やお肉など主要商品は即品切れてしまいます。

日本のスーパーってスゴイんですよ。

2位:精算前でも中を開けてしまう

卵

精算前に開封するなんで頭おかしい!と思うのが日本人の感覚ですよね。

でも、ポーランドでは違います。

衛生的に問題のあるものはもちろんダメですが、スーパーに売っている食品以外のものの外装パッケージは大体一度開けた痕跡があります。

なぜ開けちゃうんでしょう?(笑)

開けてしまう理由

それは中身に不備があるかもしれないからです。

中身の確認が一番大切なのが、実はです。

ポーランドの卵は日本の卵のように綺麗に洗浄されて透明のパックに入って売られているわけではありません。

中身の見えない再生紙のような素材のパックに入って売られており、問題なのが鳥さんから産まれたままの状態でパック詰めされていることです。

新鮮(苦笑)とも言えますが、羽根や糞が付いているのは当たり前なので、使う前は必ず自分で洗う必要があります。

また、もし、割れているものを買ってしまった場合は、食中毒になる可能性もあります。

そのため、ポーランド人はパックを開けて中を確認するため、商品が開封されているのです。

1位:レジから精算までは衝撃だらけ!

商品

レジはベルトコンベア式です。

コストコイケアを思い浮かべていただければ納得していただけるかと思いますが、アレです。

自分の買う商品をベルトコンベアに乗せて、前後の人の商品と混ざらないようにするために、仕切りを置きます。

自分の番が来たらレジスタッフがバーコードを読み取ってレジを通します。

買いたいけど買えない

まれにバーコードの貼り方が雑だったのか読み込めないことがあります。

この場合、日本ではインカムで他の店員さんを呼ぶなりして代わりの商品を持って来たりして対応してくれますよね。

しかし、ポーランドでは「これ読み込めないから」的なことを言われて、買えないことが多いです(笑)

たまに「読み込めないけどどうする?」と聞かれますが、店員さんは取りに行ってはくれません。

自分の後ろに沢山順番待ちの列ができてるのに取りにいけないよ〜と思い、諦めることもしばしばあります。

商品を投げる

忙しい時にレジに向かってしまったらなら、レジスタッフが結構な勢いで商品をポイポイ投げます(笑)

そして、どんどん投げられる食品を自分でその場で袋に入れて行かないといけません。

コストコやイケアのように雑貨ならいいのですが、食品でもポイポイします(笑)

まとめ買いすると結構な量なのでその場で袋詰めするのは結構焦る作業です。

これは店員さんによるので、私は行きつけのスーパーでは、人を選んでレジに並ぶことにします。

支払いを断られる

クレジットカード

そして最後のお会計です。

どんどんカード社会化して来ているので、多くの方がクレジットカードで支払いをします。

そんな中、私は管理しやすいこともあり、現金で支払いをしています。

給料日後や月初めって大きなお金しかないことありますよね?

日本ではこの場合、「すいません、大きいのしかなくて…」的な感じで申し訳なさそうにお会計していました。

しかし、これをポーランドでやると、会計できない場合があります。

小さいものを買うのに大きなお金を出すと断られる場合があります。

おつりが足りない

小銭

無事、現金を渡し、お釣りをもらったとします。

すると店員さんが一言。

「細かいお金がないからお釣りはこれね」

そう、細かいお金がレジの中になかった時、もらえないことがあるのです(笑)

日本円で言うところの1円とかなので「まあいっか」となりますが日本ではまずありえない光景ですよね。

さいごに

国が違えば文化も違うと言うことがすごくよくわかりますよね。一見するとマイナスなことばかりに見えますがそうでもないんですよ。

野菜などの食材も収穫したまま売られていることも多いので、自分でしっかり確認して買わないといけません。

しかし、そのぶん収穫からスーパーに陳列されるまでの過程で手間がかかってないのでかなりお安く購入することができます。

レジでの店員さんとのあれこれも、普段からコミュニケーションをとって信頼関係を気づいているポーランド人同士ならではのものだと思います。

イオン並みの大きなスーパーでもお客さんとレジの店員さんが世間話をしているのをよく見かけます。

最初は戸惑いも多かったですが、今では慣れてなんだかクスッと笑える面白い光景だなと思うようになりました。

是非ポーランドにお越しの際は、皆さんにも一度体験してみて下さいね!

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?



ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

ポーランドチーム

ポーランド在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、ポーランドの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧