• HOME
  • 日本
  • 【マリッシュ体験談】男性が苦手な私が体験した冬のラブストーリー

【マリッシュ体験談】男性が苦手な私が体験した冬のラブストーリー

両手を広げ空を見上げる女性
日本

恋愛ライターのカナがお届けします。

「男性と上手く話せない」「男性と気軽に接することができない」

皆さんは、そんな風な悩みはありませんか?

私は高校から女子高、短大、保育士という女性の園で育ってきました。

何故なら、中学の頃から男性に苦手意識を持つようになってしまい、意識的に避けていたから…

なんなら、保育士として働いている現在、毎日接している送迎に来るお父さん達も、正直苦手なくらいです(笑)

そういった環境で育った私なので、当然、彼氏いない歴=年齢。

でも、男性があまり得意でない私が、今ではとても幸せな恋をしています!

そんな私の、「マッチングアプリで出会った、初めての恋愛」をお話していきますね。

女だけでも問題ない!

集まって話をしている3人の女性

もちろん、男性に興味がないわけではありません。

男性人気アイドルグループが大好きで、ヲタク仲間と彼らの良さを語りだしたら、夜通し話せるくらいです♪

でも、現実で「男性に近づこう」という考えは全くなし

誕生日は親友に祝ってもらい、バレンタインのチョコレートは女同士で交換していました。

一年に一回のあのイベントだけ

でも、クリスマスに女性だけでいるのって、なんだか寂しい気持ちになりますよね。

「リア充なんて、爆破しろ~」と冗談をいいながら、内心「羨ましい」と思って過ごしていました。

それでも、友達と笑いながら過ごすクリスマスに、不満はなかったんです

気づいたら一人だった

ソファーの横でうなだれる女性

25歳を過ぎた頃から、短大時代の友達と毎年開催されていた「クリスマス会」が無くなりました。

それもそのはず、その頃の仲間は彼氏が出来たり、結婚したり、お子さんが生まれたり、それぞれ忙しい日常を過ごしていたようです。

誕生日には、女友達が集まって祝ってくれます。

でも、クリスマスだけは別でした・・。

「来年のクリスマスはひとり?これからずっと、ひとりのクリスマスなのかなぁ?」

そういった時に、寂しさを感じるようになったんです。

親友の結婚で、寂しさが増した

階段を歩く新郎新婦

夏が終わりかけたころ、「一番の親友」の結婚が決まりました

毎年クリスマスを過ごしてきた仲間の1人です。

「おめでとう!」という気持ちと、「羨ましい、寂しい・・・」という感情が入り混じった気持ちで、心はちぐはぐです。

今度のクリスマスは、確実にひとりだなあ・・・・

ひとりで過ごすクリスマス・・・いやだなあ。

一番最初に思ったのはそんな気持ちでした。

本当はおめでたいと思っているのに、ひどい親友ですよね。

寂しくて、心に余裕がなかったんだと思います。

でも、どうやって?

私と同じ職場で、「男性と出会う機会がない親友」が、どうやって旦那さんをみつけたのか。

とても不思議で質問をぶつけてみました。

すると、「実はマッチングアプリで出会ったんだ」とのこと!

思いがけない答えに、とても驚いたのを覚えています。

マッチングアプリに登録

スマートフォンを見つめる女性

私はさっそく、親友がご主人と出会ったというアプリ「マリッシュ」に登録してみることに。

でもまずは、どうやって「男性恐怖症」を克服するか・・・

今まで避けてきたことに、ついに向き合う時が来たのです。

好きなことが一緒な人なら

私は、地元のサッカーチームが大好きです。

なので、まずは「サッカー観戦を一緒にできる友達を作る作戦」で、プロフィールを作成する事に!

すると、登録したその日から、「同じサッカー好きを名乗る男性」から、メッセージが沢山届きました。

「女性に慣れていそうな人」「すぐに会いたいという人」「苦手な印象を抱いた人」

そんな印象の人には当然、すぐ「ごめんなさい」と断って逃げました。

こんな状況では、「登録した意味はないかな?誰とも恋なんてできないのかな~」と、思ってしまった時期もありました。

やはり、知らない人とのメッセージのやり取りに、恐怖心があったのだと思います。

彼との出会い

笑いながらスマートフォンを見る女性

ある日、Sさんという年上の男性からメッセージがきていました。

姉に女の子が生まれました。
保育士さんでしたら、出産祝いで送る人気なものなどご存じではないでしょうか?教えてください。
僕も、女性ばかりの職場で苦労したおかげで、姉を含めちょっと女性恐怖症です。
ちなみに、飼っている金魚はメスでも大丈夫です。

とういう不思議な内容に、思わず私は笑ってしまいました。

プロフィールを見ると、ブレブレにぶれた写真。

あまりヤル気がないのでしょうか?

それでも私はSさんに親近感を感じて、出産祝いの相談を受け、頻繁にメッセージのやり取りをするようになりました。

ゆっくりながらも進展

一か月ほどメッセージのやりとりをしたころです。

ぐっすり眠る赤ちゃんを、ぎこちなく抱いたSさんの写真が届きました。

「あなたが選んでくれた出産祝いを、姪はこんなに喜んでいます」

というメッセージに、また私は吹き出してしまいました。

「赤ちゃん寝てるし! 目すら開けてないし!」

さらに今回の写真のSさんは、お姉さんが撮ったのか、顔が初めてはっきりわかりました。

童顔な、笑顔の可愛い男性でした。

彼からのお誘い

スマートフォンを持つ女性の手元のアップ

「素敵な写真ですね」と返信すると…

「あなたのおかげです。お礼をしたいです。一度食事をしませんか?」と初めてのお誘い。

私はSさんのメッセージに、ドキッとしました。

メッセージでは楽しく会話できるけど、会ってまともに話せるか不安で仕方ありません。

自分の気持ちを素直に伝えると、彼は優しさに溢れた答えを返してくれました。

僕も女性は怖いので、ある意味チャレンジです。
あなたなら大丈夫だと思ってお誘いしました。
無理だと思ったら帰っていいですよ。
僕も無理しません。

そんな言葉を聞き、私はSさんに会ってみることに決めました。

初デート

笑顔の男性

Sさんは小柄な、笑顔の優しい雰囲気の男性でした。

初対面な事と女性恐怖症もあいまってか、Sさんの緊張も伝わってきます。

彼は私のことを「保育士さんらしい、ほのぼのした人で安心しました。」と、言ってくれました。

私自身は心配していた緊張はそれほどなく、Sさんの会話に終始笑いっぱなしでした。

デートの終わり、ちょっと照れ臭そうに「最初は緊張したけど、楽しかったのでまた是非会いたいです」と言う、Sさんの笑顔。

私はすぐに、「私もそう思っていました」と答えていました。

「また会いたい」と、毎回思えた

それから何度か、私はSさんと食事やサッカー観戦に行き、同じ時間を過ごしました。

偶然応援しているチームが一緒だったので、話も弾みます。

さらに彼は、「私が好きな音楽を積極的に聞いてくれる」そんな優しい人でもありました。

私のマニアックなアイドルの話も、楽しそうに耳を傾けてくれたんです。

ありのままの私を受け入れてくれる

本当は男性って、「私みたいなヲタクって好きじゃないんじゃないかな」と心配していたんです。

でも彼は、「知らないことが知れて新鮮!」とニッコリ笑ってくれました。

不思議と、彼と一緒にいるときはお互い全く緊張せず、ずっと笑っていられたんです。

それから彼とは、毎日連絡を取るようになりました。

その後、彼から自然と交際を申し込まれ、お互いの家を行き来するようになったんです◎

初めて男性と過ごすクリスマス

女性の頬にキスをする男性

お付き合いをして2か月後、Sさんと初めてクリスマスを過ごしました。

彼は私を横浜に連れて行ってくれて、その日は夜景を見ながら中華街を歩いて過ごしたんです。

今まで、街ゆくカップルを「羨ましく思っていた私」

そんな私にとって、その年のクリスマスは、とても特別な日になりました。

まさかプロポーズまで

そしてその日、彼は小さな箱を取り出し、プロポーズをしてくれました。

「出会ってまだ間もないけど、こんなに心を許せて話せる女性は、もう出会わないと思う。」

男性が苦手だった私も、同じ気持ちでした。

なので、彼のプロポーズを喜んで受けたんです。

さいごに

手を繋いでいるカップル

「男性が苦手」「職場にも出会いがない」と思っていた私が、Sさんと出会い、180度環境が変わりました。

毎日、彼の家に行き、料理を作ってあげたり作ってもらったり。

時には喧嘩もしますが、こんなに笑って過ごせるのは彼しかいないと思います。

1年前、1人で過ごすクリスマスが嫌だと思ったのをきっかけで、一歩前に進んだ自分に感謝しています

この経験が、私と似たような悩みを持っているあなたに、少しでも役立ちますように。

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

結婚式 女性

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

ピックアップ記事

関連記事一覧