• HOME
  • スイス
  • スイス人男性と付き合っているのに、日本人の彼氏が恋しくなる瞬間ベスト10

スイス人男性と付き合っているのに、日本人の彼氏が恋しくなる瞬間ベスト10

男性の肩に顔を置く女性
スイス

Question
最近、スイス人男性と交際を始めました。
これまでずっと日本人と付き合っていたので、色々と戸惑うことがあります。
結局は個性の問題だとは思うのですが、たまに日本人彼氏が恋しくなってしまうことがあります。
これってよくあることなのでしょうか?
mimi さん 静岡県 20代 OL

教えて、先生!

田中先生先生
その質問に、スイス在住ライターでスイス人男性と交際しているタナカがお答えします。
みんながスイスに住んだとしたら、どんな事が恋しくなると思う?

恋する乙女恋する乙女
なんといっても、食習慣ですね!
日本の枝豆と塩辛が食べたくなりそう~

王子様王子
ボクは、梅水晶とモツ煮、エイヒレが恋しくなりマース

田中先生先生
さては、あなたたち、毎日、お酒ばっかり飲んでるわね!
私は、スイス人と付き合うようになってから、色んな場面で日本人との交際が恋しくなりました

王子様王子

そんな先生の体験をもとに、「日本人の彼氏が恋しくなる瞬間」をまとめるとこんな感じデース!

  • 母国語が恋しくなった時
  • 「庶民の味」の良さが伝わらない時
  • お風呂の位置づけが違う時

この記事は【5分】でササ―ッと読めマース

田中先生先生
それでは、「スイス人男性と付き合っているのに、日本人彼氏が恋しくなった瞬間ベスト10」を紹介していきます!

10位:母国語が恋しくなった時

草原で座って話すカップル

ウケる〜!」とか「え?ちょっと待って、ウソでしょ?」とか。

日本人なら、自然に口から出る言葉ですよね。

でもスイス人には、この「微妙なニュアンスが伝わらない」

「 quoi ? (なんて?) 」と会話を止めてきます。

これ、正直調子狂うんですよ。

わざわざ翻訳して、説明するまでの内容でもないし……。

日本語の微妙なニュアンスは伝わりにくい

世界中から、さまざまな国籍や、文化が集まるヨーロッパ。

もちろん、日本人も住んでいますし、日本語を知っている・話せる、ヨーロッパ人だっています。

とはいえ、私が住んでいるスイスの、ジュネーブ市では。

「日常生活の中で、日本語を耳にすることは、ほとんどない」に等しいです。

ナンデスカ?」「トテモオイシイデス」と、味気ない言葉を返されると。

「ああ〜、日本語を思う存分を分かち合いたい」って、心の底から思っちゃいます。

私:「さっきさ、スーパーで新しいアイス発見しちゃったんだけど、あれは絶対に買うしかない」

彼:「まじで?それは絶対買いだね、ところで何の味?」

こんな軽快なやりとりが恋しい…。

9位:「懐かしい」の感覚が一致しない時

男性の顔に手を当てる女性

「懐かしい!の感覚が一致しない」のは、生まれ育った国・環境が違うので、ある意味仕方のないこと。

例えば、私の年代だと、日本人なら一度はやる、女子のプリクラ交換。

カードバトルを繰り広げる、男子たち。

塾の帰り道に、飲み続けていた、謎のアミノ酸飲料などなど……。

逆に、彼の幼少時代の「懐かしい!」の感覚がわからないのも、こちらとしてはもどかしい。

実際にこんな会話が懐かしい

実際に、日本人と付き合っていた頃の、会話はこうです。

「そういえばさ、チロルチョコってあったよね」

「あったあった、懐かしい!」という他愛もない会話。

そんな話を、何時間も語れていた頃が、恋しくなる時があります。

スイス人はさすがに、チロルチョコを知りませんでした…(笑)

8位:「庶民の味」の良さが伝わらない時

日本食

スイス人にとって、「日本食」といえば、何を思い浮かべるでしょう?

お寿司や天ぷら、美しい懐石料理などなど、美しい料理をイメージすると思います。

そのため、私がお茶碗に白いご飯をよそって、生卵をぶっかけようものなら…。

スイス人の彼には、「なんて野蛮な!」と、言われてしまいます。

まあ、生卵を食べるのは、日本人くらいでしょうから。

日本では、何気な〜く食べていた「庶民の味」

質素な食事にこそ「日本人らしさ」がある、という感覚を理解してもらうのは、なかなか難しいです。

スイスの日本食事情は?

スイスには、素敵な食べ物がたくさんあります。

驚くことに、そこらへんで売っている、見た目はごく普通のバゲット。

日本で売られている、オシャレなパンより、断然安くて美味しいんですよ!

スイスでは、私たちが普段使いする商品と、スーパーに売っている商品は、日本と大きく異なります。

スイスにはシャケおにぎりがない⁉︎

まず、「シャケおにぎり」なんて、売っていません。

「焼きそばパン?」そんなものナイナイ!

でも、数少ない日本食材店や、日本の家族、友人から届く支援物資を使えば!

自宅でも、「慣れ親しんだ、あの庶民の味」を、再現できるかもしれません!

彼にも、あの美味しさを教えてあげたい…。

7位:馴染みある道具への違和感が共有できない時

キッチンで料理する女性

日本では、超絶便利で馴染み深いアイテム。

でも、海外ではそうでもない、ということが良くあります。

たとえば、「ラップ」

日本人にとって「ラップ」といえば、キレ味最高で、超便利なアイテムですよね。

ですが、私が住むスイスで普段手に入る、食品保存用のラップは違います。

「箱がすぐ壊れる」「切り離す時どこまでもラップが伸びていく」「パリッとしていない」

使ってびっくり、日本のものより数百倍、機能が落ちたものでした。

日本のキレのあるラップに慣れ親しんでしまっている私。

しかし、スイス人の彼にとっては、この使いにくいラップが当たり前なのです。

日本のラップをスイス人の彼にも使わせたい

料理をする者としては、ちょっとした不便さが、ストレスに繋がるんです。

でも、私がいるのは、日本ではなくスイス

キレの良い日本製のラップなんて、売っていません。

彼がいつか、日本に来た時には、日本製のラップを使わせてあげたい!

きっと感動するはずです。

6位:フラッとデートができない時

買い物バッグを下げている女性

スイスの男性は、「なんとなくフラッとデート」することを、あまりしません。

というか、フラッとデートするような場所が、あまりないんです。

日本にいた時は、仕事の帰りや休日などに。

街歩きやショッピングモール、ドライブデートなんかは当たり前でした。

付き合い始めは、本当にデートしたがらない彼に。

「私のこと嫌いなのかな?」、なんて考えたりもしたほど(笑)

「環境の違い」なので、仕方がないといえばそうなのですが…。

私の彼の場合…

もしかしたら、スイス人男性だって、たまにはフラッとデートを、する事もあるかもしれません。

しかし、少なくとも私の彼は違いました。

スイス人の彼は、お店には、「目的を持って行くもの」と、考えるタイプ。

欲しいものを、サイトで下調べし、買い物を短時間で済ませるような人です。

そもそも性格的にそうなのかも、と半ば諦めています。

ああ、「日本式フラッとデート」が恋しい。

5位:ノリが違う時

ゲームをするカップル

私が、スイス人の彼といると、たまに思うこと。

「ノリがいまいち違うんだよな〜」

これは、完全に個人の問題かもしれませんが……。

日本にいる時は、「コンビニでお菓子を買い込んで、ドラマを見まくろう」とか。

「1日中ゲームしまくろう」「面白そうだから、ピザ10枚頼んでみよう」なんてことを、しょっちゅうやっていました。

しかし、スイス人の彼は、こんなお遊びにはのってきません。

私の彼が真面目すぎなの?

国も違えば性格も違う、ということは、十分に分かっています。

しかし、スイス人の彼は、このような「瞬間的な楽しみ」に、全く興味がないし理解もないんです。

私が、ちょっとやんちゃな提案をすると、「なんで?」「それって本当に必要?」

いつもこんな調子。

ごもっともすぎて、返す言葉がありません(笑)

4位:日本に対する興味が違う時

東京タワーと周辺の街並み

スイス人男性と付き合うと、「日本に対する興味の違い」に、たびたび驚かされます。

私にとっての日本とは、人生の長い時間を過ごした場所であり、友達や家族が住んでいるスイートホーム

いっぽう、スイス人の彼にとっての日本とは、幼いころから映画や旅行情報で憧れていた観光地

一緒に日本に行くと、二人の興味が異なってくるのは当然です。

彼の行きたい場所と私の行きたい場所の違い

私は、山手線で2駅の距離をあえて歩いて、昔ながらの商店街を発見したり、素敵なバンガローで過ごしたいタイプです。

これが本来の、日本人の感覚…だと思いたい。

いっぽう彼は、日本に行ったら…。

「ふぐを食べてみたい」「スカイツリーに行ってみたい」「座禅体験してみたい」ってこんな感じです。

彼のおかげで、私は初めて、「東京タワー」に行くことができました。

3位:お風呂の位置付けが違う時

バスルーム

日本人にとって、「お風呂」は大切な、リラックススペース。

たまに、日本の「お風呂」が恋しくなります。

湯船に浸かるのが、当たり前の私にとって。

正直、日本の仕様とは違う、スイスのお風呂は使いづらい。

スイス人は、基本シャワーしか使いません。

そのため、湯船に浸かる、日本人男性とのギャップを感じてしまいます

ヨーロッパのお風呂事情

もちろん、私の住むジュネーブのアパートにも、湯船はあります。

さらに大きさは、日本の標準サイズより、かなり大きいんです。

けれど、日本の最新式お風呂のように、全自動ではありません。

「お湯はりを開始します」の、通知音ももちろんなし(笑)

お湯はりは一大イベント?

それでも、泡風呂にしたりキャンドルを置いたりと。

工夫しながら、お風呂タイムを楽しむようにしています。

でも、こんな演出も、彼にとっては非日常的なよう。

湯船につかる習慣が、あまりないヨーロッパ圏の人にとって。

「湯船にお湯をためる」ことすら、一大イベントなのです。

2位:ケンカした時

受話器に向かって叫ぶ男性

「ケンカした時」も、「あぁ、日本人男性とは違うな〜」と感じてしまいます。

スイス人男性は、もともと感情を表に出しやすいタイプの人がやたらと多い。

すぐに大声をあげたり、不要と思われる、大袈裟なジェスチャーを見せてきたり。

時には、残酷な言葉を浴びせたりしてくるのが一般的。

意外ですよね。

カッとなりやすい人は、どこにでもいます。

けれど、やはりその度合いは、多い気がしました。

日本人男性の場合…

これまで付き合ってきた、日本人男性との、ケンカのお決まりパターンはこうです。

無言になる→しばらくしてお互い謝る→反省や意思表明などのスピーチを交換する→仲直りに徹底する、といった感じ。

わりと穏やかに、喧嘩はおさまっていた印象です。

持論ですが、ケンカとは「勘違い」から生まれるもので、まずは説明・質問・返答が基本だと思っています。

そこに、相手を驚かせるような、大声や罵りは必要なし。

ちゃんと仲直りしていますが、ケンカになるたびに「うわっ、疲れるな〜」と実感しています。

日本の道徳の授業を、一緒に受けた日本人男性となら、こんな風にはならないのにな…。

1位:ステレオタイプ対応が面倒くさい時

ベッドで寝そべっている女性

海外から見た、日本に対する「イメージ」は、古かったり、間違っていたりしているなと、感じることははりませんか?

それを、いちいち説明するのが、非常に面倒くさかったりします。

たとえばですが、スイス人の彼は、「日本人は米ばっかり食べてる」と思ってます(笑)

冗談で言ったかもしれませんが、間違っているなら、指摘しなければいけませんよね。

日本人だって、パスタやパン、ハンバーガーだって食べるんだぞ!

逆もありうる

スイスに来て感じること。

それは、アジア人は地域・文化関係なく、ひと括りにされることが多い事です。

テレビや映画などで、描かれている日本人。

全く似ていなくて、「こんなんじゃない!」って、叫びたい事も多くあります。

スイス人の彼は、何十回も日本に訪れているし、そういった先入観はないと思っていました。

それでもたまに、「本気でそう思ってるの?」と、言いたくなるようなことを、平気で言います。

いっぽう逆もあり得ることで、私が「スイス人はチーズばっかり食べてる」って言ったら、彼も疲れるはず。

日本人彼氏となら、そもそもこんな話題にはならないのでしょうが。

そう言った時に、外国人との恋愛の難しさを実感します。

さいごに

笑顔のカップル

今回は、私の経験と感覚をもとに、ご紹介してみました。

日本に恋しさ余って、悲しくなることももちろんあります。

ですが、日本人にはない、スイス人ならではの良さも、山ほどあるんですよ。

外国人との恋愛は、日本を恋しく思う気持ちは大切にしつつ。

自分の知らなかった、新たな楽しみや発見、経験ができてハッピー!

と思うことが、長続きする方法ですね。

素敵なスイス人男性の彼を見つけて、新たな発見を楽しんでみてくださいね。

さあ、世界で恋をしよう!

いかがでしたでしょうか?

世界には、まだまだ驚くことが沢山ありますね!

恋愛となると、なおさらです。

ちなみに、E.ST(エスト)では、国際恋愛・結婚を応援しております!

日本だけではなく、世界を見渡せば、あなたにピッタリ合う「運命の人」がいるのは間違いありません。

「日本人とだけ恋愛をする」という価値観を壊し、世界中の素敵な恋のお手伝いをしたいと思ってスタートしたのが「E.ST(エスト)」というメディアです。

最短で「運命の人」に出会う方法?

ですが、運命の人には、そう簡単に出会えないもの…

では、そんな運命の人にどうやったら最短で見つけることが出来るでしょうか?

実は、国際結婚を実現した世界中のE.STのライターさん達は、アプリ」で出会った方がとても多いというデータがあるのです。

そこで、実際にアプリを使って結婚した先輩たちのアドバイスの元、E.ST編集部で数か月間利用することにしました。

検証の結果、1つの答えにたどり着きました。

「運命の人に出会えます」

アプリを使うことに半信半疑だったE.ST編集部の1人も、実際に素敵な外国人の方と幸せな生活を送っています。

さあ、次はあなたの番です♪

下まで読んでくださったあなただけに特別に、厳選に厳選を重ねたオススメアプリをご紹介いたします。

本当に出会えるおすすめアプリ

第1位:match(マッチ)

おすすめポイント
  • 真剣に婚活をしたい人向け
  • 恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア的存在
  • 1995年にスタートし、歴史が長く、ノウハウと実績が豊富
  • 日本でも数百万人の真剣に恋愛・結婚をしたい方々が登録
  • 海外25か国でサービスが展開されており、約1500万人の出会いを求める人が利用
  • match自慢の詳細な検索機能がある
  • AIがあなたの好みを学習し、よりあなたに合ったお相手を紹介してくれる
  • 「人種検索」があるので好みに合ったルックスや特徴で探せる
  • クレジットカードだけでなく、身分証明書による本人確認で安心
  • 業者なども非常に登録しにくい設計
  • お試しとして「無料会員」あります!
matchの関連記事
ご登録はこちら

\ 業界のパイオニア的存在 /

まずは無料会員で試してみる

第2位:Pairs(ペアーズ)

pairs3
おすすめポイント
  • 本気で恋愛・結婚したい人達が集まっている
  • Pairsで結婚したご夫婦、交際したカップルは250,000人以上!
  • 圧倒的な知名度と実績を誇る
  • 国内最大級の1000万人が登録
  • 毎日約8,000人がPairsに新規登録しているので、出会いが豊富!
  • 豊富な検索機能で、理想のお相手を探しやすい
  • コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
  • Pairsでは平均4ヶ月で恋人ができている
  • 地方の方でもお相手多数で探しやすい
  • 日本在住の外国人の登録も豊富
  • 出身地の項目には、100以上の国を指定可能
  • 「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティなどが用意されている
  • 24時間体制の投稿監視とカスタマーサポート
  • 年齢確認が必須で安全・安心。サクラが入りにくい!
  • お試しとして「無料会員」あります!
ペアーズの関連記事
ご登録はこちら

\ 日本最大級の恋活・婚活アプリ /

まずは無料会員で試してみる

4テーマに厳選した出会えるアプリ

お気に入りのアプリは見つかりましたでしょうか?

他にも、とっておきのオススメアプリはあるのですが、長くなりそうなため、別のページにまとめております。

そちらの記事では、色々な目線で厳選したオススメアプリをご紹介しております。

ぜひ、そちらの記事もご覧くださいね!

\ 続きの記事はコチラ /

その他の厳選アプリをみる

スイスチーム

スイス在住の各専門分野に精通した日本人女性ライターが、スイスの今をお伝えします。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧