• HOME
  • フランス
  • フランス人男性の性格ベスト10!デート相手にも率直で議論好き!?

フランス人男性の性格ベスト10!デート相手にも率直で議論好き!?

女性を抱きしめる男性
フランス

先生の紹介

エイメ
エイメ
在仏20年。南西フランスは、ボルドーから100㎞ほど内陸に入った、美食の里「ペリゴール地方」にて、夫&子供2人と暮らしています。現地で驚くあんなことこんなこと。フランスの「今」をお伝えすべく、情報を発信させていただきます。よろしくお願いします。

デート前にチェックしておきたい、フランス人男性の性格とは

率直、議論好き、家族思いなど、デート前にチェックしておきたい、フランス人男性の性格ベスト10をご紹介します。

皆さんは、フランス人男性にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

クール、セクシー、ポーカーフェイスなど、プラスにもマイナスにもなり得るものが、多く思いつくかもしれません。

では、日本とは異なる生活習慣の下で育まれた、フランス人男性の性格とはいかに?

デートで驚かないように心構えとして、ここでフランス人男性の性格をチェックしておきましょう。

  1. 文句好きなのは、完ぺきを求めるから!
  2. 辛口ユーモアは、会話のスパイス!
  3. 異性の注目を浴びたがるけど、嫉妬は禁物!
  4. 議論は、改善の糸口を見つける重要なカギ!
  5. 率直なのは、相手を思いやる気持ちから!

この記事は3分で読み終わりますので、最後まで読んでいってくださいね。

第10位:フランス人であることに幸せを感じる

フランスは、気候が穏やかで、風景が美しい、文化的にも政治的にも恵まれた国です。

フランス料理は世界文化遺産として認識され、世界で最も訪問者の多い観光大国でもあります。

そんな国に生まれて「自分はラッキーである」と感じるフランス人男性が多く、外国から来たガールフレンドをフランス人のように仕立てようとすることも。

フランス文化の継承意識が高い!

夜の凱旋門の様子

とはいえ気候も文化も、自分たちが成し遂げた手柄ではなく

これらの受け継がれてきた、フランスの理念や価値観を学び、それを「受け継いでいこう」という意識が高いのです。

したがって、フランス人男性がよく「僕はフランス人だからこのようにする(このように思う)」と言って主張を切り出すのは、自国を代表する気持ちから来るものと思われます。

第9位:文句を言うのが好き

頭を抱える男性

快適な生活を求めるフランス人男性は、自分の期待に見合わないものに対して、不快感を露わにします

それが文句であり、文句を言うことは、それが「完ぺきではない」ということを意味します。

でも、そもそも世の中に「完ぺき」など存在するものではなく

よって、フランス人男性の文句は、「完ぺき」を求めて、延々と続くわけです。

本人は文句と認識していない!

言い争いをしているカップル

フランス人男性は、文句を文句と認識せずに話し続けます。

周りの指摘で、「ああ、自分は文句を言っていたんだ」と気づくこともある次第。

不平不満が会話のスタートになることも多く、その話題でかなり盛り上がるということもあるから、文句はマイナスなイメージと受け取る日本人にしてみれば不思議な文化です。

第8位:あまり感動しない

フランス人は、食品、ファッション、音楽、芸術、そして生活まで、質を重視する国民

完ぺきを求めて、そう簡単には満足しません

よって、かなり良い物に出会っても、「悪くないね(Pas mal / パ・マル)」と言うのが常。

決して、「完ぺきだね(Parfait / パルフェ)」とか、「とても良いね(Très bon / トレ・ボン)」などとは言わず。

いつも満足している人を信じない!

逆にフランス人男性は、「自分の持ち物や置かれている状況に、いつも満足感を示す人を信じない」という傾向に。

そういう人は完ぺきなものを求める意識が薄く、平凡なものに満足しているとみなします。

中庸を良しとする日本人とは、かなり感覚が異なることに気づかされます。

第7位:辛口ユーモアが好き

楽しそうな職場の雰囲気

フランス人男性のユーモア・センスは特有で、皮肉や風刺、そして機知に富んだものが多く。

でも、これが理解できるようになると、会話はかなり楽しくなります

面白おかしい実話や、自虐的ユーモアが歓迎されます。

ユーモアでポイント稼ぎ!

また、ユーモアで笑いを誘うことができる人は、賢いと思われる傾向に。

食事会などで、オチをつけて失敗談、成功談を面白おかしく語ることができれば、高評価を得ることができるというもの。

最近の失敗談を面白おかしく語れるよう、ネタを考えておくとよいかもしれません。

第6位:異性の注目を浴びたがる

スーツをビシッと着こなす男性

フランス人男性は、異性の注目を浴びるのが大好き

ガールフレンドが隣にいようと、フランス人男性は他の女性に話しかけたりします

ただし、それは「ガールフレンドに興味がなくなったから」というわけでなく、ただ単に自分の魅力を確かめるための行為なのです。

独占欲は禁物!

車の上に座り拳を前に突き出す女性

ガールフレンドとしてその行為に不快感を抱くのであれば、どこが腹立たしいのかを訴え、解決策を見つけなければいけません

そして、「あなたは私だけのもの」という、独占欲に取りつかれないようご用心

これは不安、不信感、コントロール欲から来るものであり、健康的にもよくありません

第5位:そっけないけど愛情深い

レストランのテーブル席に一人で座っている男性

フランス人男性は、人前であまり笑顔を見せません

特に見知らぬ人や初対面の人の前では、誤解を避けるべく感情を表に出すのを避けます

自分の発した言葉や感情の表現が間違って伝わり、相手に「無礼な人」と思われてはいけないと思うからです。

よって初回のデートでは、例え相手の女性を気に入ったとしても、「きれいだね」というようなほめ言葉を掛けないことも

殻を破れば優しさが見える!

でも一度この分厚い心の壁と無表情な顔を破れば、フランス人男性の優しさが見えるというもの。

無口だと思ったフランス人男性が、実はものすごいおしゃべりだったということもあります。

だからフランス人男性は、第一印象だけで判断してはいけません

本質が分かるまで、気長にお付き合いする必要があるわけです。

第4位:女性らしい女性が好き

フランス人男性は、仕事好きでも、社交好きでも、スポーツ好きでも、ありのままの女性の姿を尊重します

でも、「女性は女性らしくあって欲しい」というのが本音

スカートやドレスを着て、きれいにお化粧をして、ふわふわ、またはサラサラの髪をなびかせて、デートの際にはネイルアートも美しく・・・そんな女性を好む傾向に。

外観でなく、心の問題!

自信に満ちた女性

とはいえ、男性の好みに合わせて、無理やり「女性らしく」振舞う必要はなく

フランス人男性は、自分を引き立たせるために相手の女性に「女性らしさ」を求めているのではありません

問題は外観でなく心である故、男性の心を打つような女性らしい優しさが滲み出る仕草を心掛けてみましょう。

第3位:家族思い

家族で食事する様子

フランス人にとって、家族はとても大切なもの。

家族のきずなは強く、大きくなり独立した子供たちも、多くが親の近くに住居を構えます

両親に毎日電話をし、週末には食事にやって来るという子供もたくさんいます。

またフランスの家族は、意見が異なるからと言って、お互いが疎遠になることはありません

まだ家族に会いたくなければ、「ノン」と言う!

とはいえ、フランス人男性が自分の家族を紹介したがっても、嫌ならば「ノン(NON)」とはっきり言っても構いません

そういう場合は、「なぜ、いま会いたくないのか」「気になることは何か」というところを、明確に伝えましょう。

不満な点を述べて、妥協策を一緒に考えることが、将来のためにも大切なことです。

第2位:議論好き

仲良く話をする2人の男性

フランス人男性は、いかなる話題に対し、常に意見を持っています

そして必要があると察すれば、相手の意見を修正し、議論に誘いだします

実際のところ、すべてを議論の話題にして、相手へ挑戦することを楽しむという次第。

不平不満を述べて議論することが解決への道!

男性とベンチに座りそっぽを向いている女性

ということは、何か不平不満があれば、言った方がよいというもの。

フランス人は議論好きゆえに、嫌な顔ひとつせず、むしろ喜んで適切な説明を返してくれます

フランス人は不平不満を述べることが、「悪いことである」と認識していません

不平不満こそが、議論、改善への一歩であると考えます。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、不満を述べて、議論して、和解するというプロセスに慣れるのが、フランス人男性とうまくやっていく最大の秘訣です。

第1位:率直である

フランス人男性は、遠慮なく、率直に物事を話します。

それは悪意からではなく、正直に話すことが礼儀正しく、相手を助けることになると考えるからです。

例えば、求められれば絵描きの前でも、堂々とその絵の批判をすることがあります。

でもそれはけなしているのではなく、絵描きのためを思い、改善してよりよい絵を描いてほしいという「思いやり」の気持ちから来るものです。

日本人とは「思いやり」が異なる!

カフェで寄り添うカップル

相手に不快感を与えないことが「思いやり」と思う日本人にとっては、このフランス人男性の行為は理解しがたいものです。

では、どこが不快に感じたか?

使った言葉が問題だったのか、声のトーンが攻撃的だったのか、不快感を感じた場合は、その部分をはっきり伝えて、和解を目指す必要があります。

フランス人と日本人の間では、「思いやり」に大きなギャップがあります。

ロマンチックな関係だけでなく、普段の友人関係でも、大いに議論して、最終的に和解、もしくは妥協に至ることが大切です。

さいごに

仲の良いカップル

「フランス人男性の性格」は、いかがでしたでしたでしょうか?

フランス人男性は希望を持って正直に生きる故、それに見合わない不平不満があれば、問題提起することこそが改善への道と考えます。

日本人にとっては、無礼者のように感じる行為も、実は深い愛情から来る場合も。

「文句ひとつ言わず」は日本で美徳ですが、フランス人にしてみれば、「そんなことで満足しているのか?何か意見したいことはないのか?」と、疑問を抱かれることも

こういう考え方の違いを頭に置いて、フランス人男性と楽しくお付き合いしていきましょう!

関連記事一覧